ここから本文です

1、輪廻眼は写輪眼+千手(うずまき)の体と考えていますが、うちは一族と千手一族(...

アバター

ID非公開さん

2011/11/1014:20:37

1、輪廻眼は写輪眼+千手(うずまき)の体と考えていますが、うちは一族と千手一族(うずまき)の親から生まれたら輪廻眼になるんでしょうか?

2、六道仙人もやろうと思えば須佐能乎、天照、月読、別天神など万華鏡の瞳術やトビが使ってる体がすり抜ける術も使えるんでしょうか?

閲覧数:
974
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

まこさん

2011/11/1017:22:45

うちはと千手が一緒になったからと言って輪廻眼が生まれるとは限らないと思います。

輪廻眼から長い年月をかけて千手とうちはに別れて行ったと私は思っています。

その期間で千手は生命エネルギーに特化していき
うちはは瞳術(幻覚系)に特化して行ったと考えています。

ナガトの輪廻眼はうずまき一族の中でも特異体質的な存在だと私は考えています。

六道仙人は何でも出来たと思いますけどね・・・
写輪眼と同じく輪廻眼だからと言って何でも出来るとは限らないと思います。
だから六道仙人は何でも出来たと思いますが
ナガトにすべては出来ないと考えます。

ちなみにトビの体がすり抜けるのは術というよりは
他に秘密がありそう(初代火影の細胞が関係してそう)
と考えています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる