ここから本文です

2005年F1は、どうしてタイヤ交換が、禁止になったのですか?

aho********さん

2011/11/1110:05:43

2005年F1は、どうしてタイヤ交換が、禁止になったのですか?

閲覧数:
940
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mat********さん

2011/11/1113:12:17

タイヤを使う量を減らしてコストを削減すること。
耐久力を重視するため硬めのコンパウンドになるので、それによりスピードを抑制すること。
簡単に言えば以上の理由です。

しかし、コスト抑制やスピード抑制にはそれほど効果があがらなかったこと、終盤にタイヤが持ちこたえきれずタイヤがバーストするなどしてドライバーが危険にさらされる事例が少なからずあったことなどから、翌年にはタイヤ交換が復活しました。

ミシュランがアメリカGPでコースにタイヤを順応させられず安全性が保証できないということで棄権してしまった…という「事件」もありましたね。

質問した人からのコメント

2011/11/17 06:35:40

降参 ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる