ここから本文です

簿記3級の試験が間じかです。初めて受験する初学者ですが、どうしても「清算表」...

isu********さん

2011/11/1321:46:34

簿記3級の試験が間じかです。初めて受験する初学者ですが、どうしても「清算表」の設問部分の移行「損益計算書」に持ってくるのか、「貸借対照表」の移行する科目が区別できません。

どのように覚えたらいいのでしょうか?
修正作業はほぼ分かるのですが、
「減価償却費」「前払保険」「未払家賃」「前払家賃」「前受手数料」「受取手数料」「未収利息」「貸倒引当金繰入」「有価証券評価損(益)」「前受地代」「保険料」「前払保険料」「未払い利息」
これらを修正するまでは分かるのですが(ほぼですが)それを損益科目か貸借対照表に移行する区別が出来ません。
試験もマジかで今更どたばたしてもどうにもならないのですが、受験料を払った以上いけるだけは挑戦しようと思っています。どなたかこんな風に覚えれば簡単で済みたいな回答はないでしょうか。
よろしくお願いします。
試験も近く出来たら大至急お願いしたいのですが。

閲覧数:
286
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fee********さん

2011/11/1409:05:00

では ごく簡単に

「前払い~」「前受け~」「未収~」「未払い~」が 貸借対照表の項目になります

減価償却「費」と書いてあるくらいなので これは費用です
減価償却累計額 は 費とないので 貸借対照表項目 と 覚えてみてはいかがでしょうか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

t22********さん

2011/11/1411:46:18

簿記3級というのは、基本中の基本の試験です。しかも受験料を払っての資格試験の段階で、清算表から損益計算書へ移行などという複式簿記の概論ににない言葉で、つくろうとすることは、基礎が出来ていないのです。丸暗記で資格を取っても役に立たないでしょう。基本が理解できてから、受験したら如何ですか。

ls6********さん

2011/11/1323:42:13

会計士試験受験者です。(ちなみに明日は合格発表です…笑)

収益もしくは費用に該当するものは損益計算書にもっていき、資産もしくは負債に該当するものは貸借対照表にもっていくというのは分かりますよね?

それが分かれば、その勘定科目が収益費用項目なのか資産負債項目なのかを判断します。例えば…
「減価償却費」
資産価値の減少を計上するための『費用』です。
「前払保険料」「前払家賃」
現金は支出済みですが、当期の費用に計上すべきものではないため、『資産』として繰り延べます。翌期は支払わなくてよい権利、すなわち『資産』と考えてもよいでしょう。

という具合で、その科目がなぜ資産もしくは負債なのか、収益なのか費用なのかという点に着目してみてはどうでしょうか?
ちなみに、「前払保険」「未払家賃」「前払家賃」「前受手数料」「未収利息」「前受地代」「前払保険料」「未払い利息」はいずれも当期の収益もしくは費用として負担すべきでないものを、見越しもしくは繰り延べ計上するための項目であるため資産もしくは負債に該当します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる