美容院にいくのですが・・・

画像
補足

携帯を持っていけないので口頭での説明方法を教えてください><

ヘアケア171閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!!

お礼日時:2011/11/20 13:41

その他の回答(2件)

0

細かい要素が可愛くコーディネートされているルックスですね。この髪「だけ」では無く細かいディテールも気に入っているのでは?ファッションの細かな事まで拘る人だからこそ多分これまでのカットの微妙な違いで「う~ん・・・」となったのではないでしょうか。 でも言葉は本当にあやふやですから使っている言葉や表現の意味が相手の意味と違ったりします。例えば「前髪長め」。自分では「目に届くと長め」でも他の人は「眉に届けば長め」と思うかも知れませんよね。この場合は「目」とか「眉」と言えますが、では「重め」はどうでしょう?「重たさ」を表現するのは難しいですよね。 それから「写真のカットが好き」になるのも人によって何処をみて好きなのかが違うんですよ。例えばこのカット。良く見ると前髪に使われている部分は頭のてっぺんまで行っているのが判りますか?ちょうどコス耳の間辺りです。この場所は普通の人は嫌がるしおかしく見えたりするのですがこの人の場合は似合っているんです。彼女の額が左目(写真なら右側)上で透けて見えますよね。彼女の額は結構高い事が見えて判りますね。そして生え際から頭のてっぺんまでの距離が普通よりも短い(引く)事がこの前髪の部分取りの大きな要素になってるんです。人によっては「前髪が頭のてっぺんから落ちている所が」良いと思うし、また他の人は前髪が「眉と目の間に来ていて前髪のラインが目とアイメイクで作られた形を強調している」から好きと思うかも知れません。 それに実際に前髪はそれほど「重く」は無いですが重く見えます。だから頭のてっぺんから長い髪がワンレンでも前髪に厚みがありません。ベースカラーと細かいメッシュで全体の明るさが肌の色に近いから重く見えるだけです。もし色がより暗くて標準のプロポーション(額の大きさ)で同じ部分取りをしてカットをしたら前髪にかなりの厚みが出てしまいます。 となると: 髪の色が違うとルックスやカットの部分取りやカットの仕方が変わる。写真が好きな理由が前髪の部分が「てっぺんにあるのが好き」だと、そうした時に自分に似合わせるようにカットを調整しなければならない。違って理由が「前髪のラインの位置と形」だとすると目、鼻、口、輪郭、耳の位置に合わせてラインの調整と部分取りをしなければならない。 カットや「似合わせ」って結構複雑ですよね。これがプロの仕事なんです。 結論を言えば、やはり「写真に勝るもの無し」なのですが「携帯を持っていけない」との事、それでは2つの解決案を出しますね。 案1.最近では美容室にはネットに繋がっているパソコンがあるのでアポと取るときに写真を送りたいと伝えてメアドを教えてもらい写真を事前に送信する。 案2.トレーシングペーパーを画面にテープで固定して、柔らかめの鉛筆でなぞってから他の場所でデテールを書き加えてその写しを持って行く。 この2番は「そんな面倒なこと」と思うかも知れませんが、ファッショに拘る人だからもしかするとファッション関係、スタイリスト、デザイナー、ファッションコーディネーター、ファッションアドバイザー、美容師?!などの仕事につくかもかも知れません。だとすると写し書きからスケッチを始めるのは凄く為に成るんですよ。仕事に繋がる技も得て、希望のカットも得て、一石二鳥です! でもこの写真、本当に良くコーディネートされてますよね。 これからもその高いファッション意識維持してくださいね!ファッションに妥協なし!です。