ここから本文です

孔子の言葉について

dekalt21さん

2011/11/1612:27:13

孔子の言葉について

「論語」または孔子の言葉に「勝てない試合(勝負)はしない」ような言葉は存在しましたっけ。ちょっと小耳にはさんだもので。回答お願いします。

閲覧数:
566
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

Scullさん

2011/11/1617:30:35

いや・・・論語ではないんではないでしょうか。

「三十六計逃げるにしかず」は,調べた所「南史」という書物にあるそうです。で,中国の中世にまとめられたものが「兵法三十六計」で,ちょっと時代的に孔子とは合いませんね。

おそらく,ですが「孫子」の,「百戦百勝は善の善なるものに非ず。戦わずして人の兵を屈するは善の善なるものなり」なんじゃないかと思うんですが。
また,孫子には「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」や「国を全うするを上と為し、国を破るは之に次ぐ」などという言葉もあります。

勝ち負け云々ということからして,論語の言葉とは思えませんので,孫子などの兵法書ではないかと思うのですが。

質問した人からのコメント

2011/11/16 21:57:38

降参 「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」って言葉かもしれません。それと、孔子ではなくて孫子でしたね。すいません。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

山田太郎さん

2011/11/1612:31:37

三十六計逃げるに如かず、でしょう?老子さんかなんかが言った超有名な言葉だよね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる