ここから本文です

遠野物語の表記について

hot********さん

2011/11/1710:57:19

遠野物語の表記について

今、遠野物語を読んでいます。
歴史的仮名遣は問題ないのですが、所々意味を取り違えそうになる個所があります。
文の最初に「この女」とか「この男」とかいう表現が出てくるのですが、これは前の話に出てくる人物のことを指しているのでしょうか?
それとも、何某とか某などと同じで、「ある女が」とか「ある男が」とかいう意味でしょうか?

閲覧数:
316
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ぽーさん

2011/11/1918:34:53

遠野物語には第何話、と話数がつけられていますが
基本的にはそれらに前後の繋がりはありません。

部分的に「オシラ様」だとか「マヨヒガ」といった
類似の話が連続で並んでいたとしても、
伝承元が違う村だったりして話の繋がりはないです。
ですので「ある女が」「ある男が」という解釈で
良いと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

渋柿さん

2011/11/1715:34:10

遠野物語は読んだことがないのですが、複数の民話を集めた本ですので、「この男」は前の話とは関係なく、「あるところに住む一人の男」ぐらいの意味だと思います。現代の小説でも「この男、名前を**という」といった出だしのものもありますし。映画だと北野武監督作品で「この男、凶暴につき」というのがありますが、こちらは題名なので質問の趣旨と外れちゃいますか。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる