ここから本文です

極真空手の分裂騒動 どこが正しいと思いますか? 「極真」という商標も奪い合いと...

kam********さん

2011/11/1716:46:35

極真空手の分裂騒動 どこが正しいと思いますか? 「極真」という商標も奪い合いとなり、お金とメンツなんですかね?

・どうして分裂したのでしょうか?
また独立した団体は、やはり自分の空手を追求したかったからでしょうかね
武術家として。それとも大山先生が嫌いになった?

現在

「極真」を名乗る主な団体

極真会館(松井章圭)

極真会館 宗家(大山喜久子)

極真大山空手(津浦伸彦)

新極真会(緑健児)

極真空手 清武会(西田幸夫

社団法人全日本極真連合会(小井義和)

極真会館 増田道場(増田章) ※社団法人全日本極真連合会参加協力団体

極真会館 桑島道場(桑島靖寛) ※社団法人全日本極真連合会参加協力団体

極真会館 木村道場(木村靖彦) ※社団法人全日本極真連合会参加協力団体

極真会館 松島派(松島良一

極真会館 安斎グループ(安斎友吉)

極真会館 手塚グループ(手塚暢人)

極真館(盧山初雄) ※財団法人極真奨学会参加協力団体

極真会館 極眞會(水口敏夫) ※財団法人極真奨学会参加協力団体

極真会館 浜井派(浜井識安) ※同上

などが存在している。また、小規模の道場も含めれば更に増加する。

松井派、宗家、新極真などは、自らが正当であるとして
他の極真諸派の存在を認めなかったり、
認めていても消極的である。

それに反して連合会や奨学会は、他の極真諸派の存在を認めようとする団体である。
奨学会には極真館、極眞會、浜井派などがそれぞれ参加協力している。

現在、“極真”の商標を巡って、宗家、連合会、奨学会らはそれぞれ松井派と係争中である。


なお、この分裂騒動を報道の他では家高康彦が『極真大乱』で、小島一志が『実戦格闘技論』で著している。


・極真会館から派生、独立した団体

あくまでも著名な団体のみ
小規模な団体や海外も含めれば更に増加する(独立した順で記す)。

誠道塾(中村忠)

佐藤塾(佐藤勝昭)

極真武道会(ジョン・ブルミン)

正道会館(石井和義)

芦原会館(芦原英幸)

士道館(添野義二)

真樹道場(真樹日佐夫)

大道塾(東孝)

国際大山空手道連盟(大山茂・大山泰彦)

徹武館(田原敬三)

International Federation of Karate(スティーブ・アニール)

逆真会館(山崎照朝)

勢和会 (アデミール・ダ・コスタ)

黒澤道場(黒澤浩樹)

八巻空手(八巻建志)

数見道場(数見肇)

創天会(小笠原和彦)

ニコラス・ペタス道場(ニコラス・ペタス)

飛鳥道場(池田雅人)

究道会館(堀池典久)

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
90,931
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kar********さん

編集あり2011/11/1809:51:47

個人的には、松井氏後継者指名はたしかに大山総裁の遺志だったが
それは無条件でなく、いろいろとやることも書かれていたのに
松井氏はどうやら金儲けを重視して守っていない、ゆえに離れていった人たちがいるように思います。
こないだ追徴課税もニュースになってましたよね

財団法人を設立してくれ、というのが最優先事項だったという意見があります。

>声明文・遺言 | 極真会館 浜井派
http://kyokushin-hamai.com/about_hamai/statement.html
>無条件であるならば「松井章圭にすべてを任せる」の一言だけでよいはずである。しかしそうなってはいない。
>故大山倍達総裁は「極真の私物化」を防ぐ為様々な条件を付けたのである。
>
>イ)遺言状の第一条にあり最優先事項である財団法人設立による組織と経理の公共化・公開明瞭化による未来永劫の活動
>ロ)新会館の建設
>ハ)その為の後見人梅田嘉明氏指名(極真空手道関連事業の監督委任)
> にはっきりそれが表れている。
> しかし4年前私・浜井支部長と共に1年以上にわたってそれを主張し続けた後見人の梅田嘉明氏ならびに
>元最高顧問の盧山初雄氏の辞任・除名は松井章圭館長の極真会館私物化を明らかに示していると言わざるを得ない。

だから財団法人奨学会のところじゃないですかね。
新極真も協力すればいいのに

質問した人からのコメント

2011/11/21 21:38:27

松井派 所詮お金なんでしょうか・・・
追徴課税ニュースは本当に残念でした

「新極真空手とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sak********さん

2011/11/1720:20:30

松井派の極真会館が正しいと思います。
ただ、ここで問題となるのは、当時松井章圭さんを館長とした時に、
松井さんより先輩であった人たちが認めなかった事です。
というより、認めてはいけないと思ったのでしょう。
松井さんは当時はまだ若手で、先輩には海外道場での指導を行っていた大山茂さんなどの
今では名の知れた道場をつくっている人もいました。
彼らから見れば、長く空手をやってきた自分たちではなく、
若手の松井さんを後継ぎにした事に不満を持っても無理は無いと思います。
自分たちの方が大山倍達総裁と長い付き合いなわけですから。

お金やメンツもあったと思います。
大山総裁が亡くなられる頃には、
「空手」=「極真」というイメージが強いですから。
松井派が今一番勢力が強いのは、
大山総裁の後継ぎという事で、総裁無き後も力があるからです。

大山総裁を嫌いになったかどうかについてですが、
あくまで個人の意見なのですが、なってはいなかったでしょう。
ただ、松井さんを館長にしたという事に疑問があるのだと思います。
大山総裁が松井さんを後継ぎにした理由は諸説ありますが、

「秘録 極真空手」極真会館最高顧問 郷田勇三氏著 には、

極真を継ぐものは若くてはならない。できれば三十代である事が条件だ。
老人が司る国は栄えることはない。冒険をしないし、他人を認めないし、人を疑う。
これでは、衰退していくだけだ。そして最強を追い求めてきた極真空手である以上、
圧倒的に強い人間でないといけない。
敢えて言えば、世界チャンピョンになった人間である。
百人組手を達成した者であればいうことはない。

と書かれています。この「極真を継ぐもの」=「松井章圭」が一番可能性があったと思います。
独立していった人たちは、自分の空手を追い求めた人もいれば、
かつての大山総裁の意志を継ごうと考えた人もいます。
数見肇さんは数見道場を創設されましたが、この方は大山総裁が亡くなられてから
少し経って辞めた方です。数見さんと良きライバルであった木山仁さん(現・極真会館松井派)は
つい最近まで現役でした。つまり、数見さんは後継ぎ問題が理由で辞めたわけではなく、
自分の道を極めたかったのだと思います。
大道塾の創設者、東孝さんは、大山総裁が求めていた「本当の最強」を
追求して分裂したと個人的に思います。
大道塾は、立ち技だけでなく寝技もあり、顔面への攻撃もあります。
おそらく、対人の技は極真からの派生の中では、
一番攻撃的だと思います。

いろいろな思いが交差して、多くの派生した流派が誕生しましたが、
みんな考えていることは同じで、「強くなりたい」です。
僕個人としては、全ての流派が一緒になって、
かつての他流派混合の世界大会のルールで試合をやっていただきたいと
強く願っています。
ながくなってしまい、申し訳ありません。

rx7********さん

2011/11/1803:11:10

松井館長の道場が、一番正当性が有ると思います。
大山総裁からの指名が遺言書にありましたから。
大山総裁の時代は、何を言われても「押忍」の一言だったのが、松井館長に対しては、「なんで後輩の言う事を聞かなきゃいけないんだ!」となるのでしょう。
大道塾や芦原会館みたいに、大山総裁の教えに疑問を持って離れて行った人や、ニコラス・ペタスみたいにトップに立てずに自分の世界を求めた人も居るのでしょう。

miy********さん

2011/11/1810:45:18

私は松井派が一番正当性が高いのではないかと思います。

松井氏の著書を読んでの見解なので松井氏よりなのかもしれませんが、分裂は本当に寂しく思います。

分裂の一番の理由はやはり若い松井氏が後継者になった事だと思います。そこに利害関係が複雑に関連しているのだとは思いますが。

お金の事はわかりませんが、松井氏は極真に関わって人生の大半を極真に捧げた人間を現役を退いたら、何も極真会館から援助も支援も受ける事もなくほおっておくのは忍びないので、そういう人達のために受け皿のような仕組みを作りたいと著書に書いてありましたし、空手以外の世界も経験されておられるので、カリスマ性だけに頼らないそういう柔軟で思いやりのある考えも持っておられる方だと思いました。

女子の試合や壮年の試合、または型の試合の開催など極真を本当の意味での選ばれた人だけのものにしないように努力されていますし、総裁の一番の側近であった郷田氏が今でも松井氏を支持されているところに最大の説得力があるように思います。

tig********さん

2011/11/1817:36:04

正統な継承はやはり「松井派」でしょう。
ただし「松井館長」は極真を武道空手ではなく、ビジネスにしたことが最大の難点でしょう。
その証拠に株式会社「極真会館」にしてしまいましたからね。
他の極真を名乗る団体はただ単に「空手」だけでは弟子が集まらない=お金が稼げない!!が第一の理由でしょう。
奇麗事を並べてつまらない裁判で争っていますが、所詮お金です。
「数見道場」や「八巻空手」のように自分の名前で勝負して欲しいですね。
でなければ素直に松井派に戻り、松井派を武道空手の原点に立ち返らせて欲しいです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる