ここから本文です

味覚嫌悪学習について ①味覚嫌悪の成立には臨界期における 刷り込みが必要であ...

n_m********さん

2011/11/1814:52:06

味覚嫌悪学習について

①味覚嫌悪の成立には臨界期における
刷り込みが必要である

②条件刺激の提示から数秒以内に
無条件刺激を提示しないと学習は
成立しにくい
③条件刺激と無条件刺激間の連合は
きわめて選択的である

④ある特別な味に電気ショックを
連合させると、その味への
回避学習が成立する

⑤機会設定子による条件抑制によって成立する



このうち正しい説明は
どれですか??

閲覧数:
445
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kan********さん

編集あり2011/11/1918:31:11

たぶん、③です。

味覚嫌悪学習は、電撃との連合はそれほど起こらないですし、数時間後でも学習は成立します。臨界期と味覚の話は聞いたことがありません。なので、③が合ってると思います。

ただ、⑤が何なのか分かりません。

http://www.ipc.hokusei.ac.jp/~z00105/_kamoku/kiso/99/yanagida.html

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる