ここから本文です

青函トンネル開通前は北海道だけ孤島だった? 国鉄分割民営化(1987年)の翌年...

fus********さん

2011/11/1915:56:04

青函トンネル開通前は北海道だけ孤島だった?

国鉄分割民営化(1987年)の翌年(1988年)に青函トンネルが開通しました。 青函トンネルが開通する前は北海道だけが線路で東京駅とつながっていなかったのでしょうか?

九州や四国は、国鉄時代にすでに本州と線路でつながっていたのでしょうか?

補足ありがとうございます。
四国も北海道と同様、国鉄時代には東京駅(本州)と線路でつながっていなかったのでしょうか?
それとも、やはり北海道が一番、本州との線路による結びつきが遅かったのでしょうか?

閲覧数:
393
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ec7********さん

2011/11/1916:04:01

1988年3月に開通した青函トンネルに遅れて4月に四国の瀬戸大橋が開通やっと日本全国がつながりました。
なので国鉄時代は九州だけ太平洋戦争中の昭和17年に完成した関門トンネルでつながっていたのです。

質問した人からのコメント

2011/11/20 00:18:32

成功 どうもありがとうございました。

四国の方が北海道よりも、若干後になったようですね。
北海道は、国鉄分割民営化一周年を迎える直前に、本州との連絡線路が開通したのですね。

九州に関しては、戦前からつながっていたということは、37年間ほどの日本国有鉄道(公社)時代には、本州と三島を結ぶ線路は新たに開通しなかったということになりますね。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ran********さん

2011/11/1923:58:12

九州行きブルートレインや
少なくとも
新幹線の事を知ってれば

九州は
相当早くから
本州と繋がっていた事は
理解できたと思うんですが・・・

fc3********さん

2011/11/1917:00:45

まあ補足というか屁理屈っぽくなるのですが・・・
青函連絡船はおなかの中に列車を入れるスペースがあって
貨物や回送の客車をそのまま船内に入れていました。
船内に線路が引いてあったのですよ。(国鉄経営ですし)
そういう意味では北海道と本州もつながっていたといって
いいんじゃないかな~道産子のひがみかもね(笑
四国も宇高連絡船がそんな感じだったような・・・

2011/11/1916:16:39

九州行きブルートレインや
少なくとも
新幹線の事を知ってれば

九州は
相当早くから
本州と繋がっていた事は
理解できたと思うんですが・・・

tn2********さん

2011/11/1916:02:27

九州はともかく(関門鉄道トンネルが開通したのは終戦前です)
四国のレールが本州と繋がったのは北海道より後です。

青函トンネル開業と瀬戸大橋開業は同じ1988年ですが
津軽海峡線の開業は3月13日。本四備讃線の瀬戸大橋部分が
開業したのは4月10日ですので1ヶ月ほど北海道が繋がった方が
早かったのです。

ken********さん

編集あり2011/11/1916:05:28

青函トンネルよりも瀬戸大橋の開通のほうが後です。レールが本州につながったのは北海道よりも四国のほうが後です。

正確には青函トンネルが19883.13、瀬戸大橋が1988.4.10ですから1ヶ月ほど後ですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる