ここから本文です

発電機に関して質問です。

バリーさん

2011/11/2312:56:35

発電機に関して質問です。

誘導発電機と同期発電機の違いは何ですか?

よろしくお願いします。

閲覧数:
4,020
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/11/2316:37:44

専門的な答えは他の方にお任せするとして、
簡単に説明します。

誘導発電機:すでに電気のある回路に発電した電気を送るものです。
外からの電気に対して発電して電気を返します。
同期発電機:励磁装置という装置で、発電機に発生する電気を調整する機能が
あります。周波数や電圧を調整できます。
また、すでにある電気の回路に対して同期をする(電圧や電源波形をあわせる)ことで
後から接続することが可能です。(系統連係)
誘導発電機にたいしてこういった機能が増える分、高価なものになります。
同期発電機でないと50Hzや60Hzにあわせた電気を作れないので、
工事現場などで活躍する移動式の発電機はみんな同期発電機になります。
(ただし、電力会社の系統に接続などは別途の設備が必要です)

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

2011/11/2314:17:09

誘導発電機と同期発電機の違いについてです。
構造:誘導発電機は、誘導電動機と同じ構造で回転子に界磁巻線がありません。一方、同期発電機は回転子に界磁巻線があります。
発電方法:誘導発電機は、外部の原動力で回転子を同期速度より速く回転させる事によって負の滑りを生じさせ、電力を電源側に送り出します。同期発電機は、回転子を同期速度で回転させ、界磁巻線を直流で励磁し固定子巻線に誘導起電力を発生させて、電力を送り出します。
利点と欠点
誘導発電機:利点-構造が簡単である。励磁装置が不要である。同期引き入れ装置等の付属設備を必要としない。
欠点:商用電源から励磁電源を取るため、力率が悪くなる。
始動電流が大きいため、一定容量以上の発電機では限流リアクトルを設置しなければならない。
同期発電機:利点-系統の電圧変動に対して、界磁電流調整により力率改善が出来る。
大容量機に適している。
欠点:励磁装置:同期引き入れ装置等の設備を必要とする。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる