ここから本文です

ネフィリムの子アナクとは

まりこさん

2011/11/2911:07:45

ネフィリムの子アナクとは

ネフィリムはノアの洪水で絶滅しますよね。その後、モーセに派遣された斥候たちが
「ネフィリムを見た。ネフィリムから出たアナクの子らだ。」という行がありますが
アナクというのはネフィリム同士の間にできた子なのですか?
また、アナクがネフィリムの子なら、ネフィリム絶滅後に産まれているのはどういう事なのでしょう?

もうひとつ。
ネフィリムは神の子と人の娘との間にできた子、とありますが
この「神の子」は何を指しているのですか?
人も神の創造物なので「神の子」ということになりますよね。
それともこの「神の子」は「天使」なのでしょうか?


分かりやすく説明していただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

閲覧数:
798
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ris********さん

2011/11/2922:10:03

旧約の創世記、民数記の話ですよね?

古代からある解釈としては、「神の子」はセツの子孫、「人の娘」はカインの子孫というものです。カインはアベルを殺害してエデンの東のノドに住み着きます。が、ヘブライ語で「ノデド」はさまよう人を意味するので、砂漠の遊牧民を指していたと考えられます(そもそも、カインは羊を飼う者でしたからね)。

中東は砂漠のイメージがありますが、実は古代から農耕の発達した土地です。しばしば遊牧民と農耕民の間に争いが起こり、それがカインとアベルの争いのイメージにつながっていると思われます。逆に、彼らが婚姻関係を結び、後に「巨人」と呼ばれるぐらい屈強な一族を生み出したのかもしれない。まあ、これはさすがに想像でしかありませんが。

エノク書はネフィリムを「堕落した天使」としていますが、これはネフィリムが語根 n-p-l 「倒れる、落ちる」と同じであることから、後代(と言っても紀元前)に創作されたものと思われます。エチオピア正教では今でも使いますけどね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

Scullさん

2011/11/2914:15:21

前半部分は判りませんが,「エノク書」によればネフィリムとは「人間とエグリゴリ(グリゴリ)の間に出来た巨人」と言われています。
このエグリゴリとは天使ですが,人の監視者として地上に降りたものの,人の女性に目がくらんで女をめとりネフィリムを産ませたとなっています。シュミハザ,アザゼルなどがそうです。
ギリシャ神話で言う「プロメテウス」の役割となります。

一般的に「神の子」と言えば人類全体ではなく,イエスやアダム,諸々の御使いのように「神から直接生み出されたもの」を指しますよ。
現代で気に言えばエグリゴリとは「堕天使」といえるでしょうね。

・・・前半部分は特に根拠があって「ネフィリムの子だ」と言っているわけではないようですから,おそらく背が高くて強そうだった敵兵をみて「あれはきっとネフィリムに違いない」って決めつけてしまったのではないでしょうか。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる