86(FT86)のエンジンは2000ccで200psということですが、かつて3SのNA(VVTi)でも200psだったと思います。

自動車2,473閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(5件)

0

特性は当然変わりますが、 パワーやトルク感は変わりませんよ。 ちなみに、アルテッツアの3Sと、MR2の3sはまったく別物です。 混同しないように・・・。

0

この回答は、開発者でなければ、正解は出ないです。 まだ、発売前の車輌なので、みな雑誌や、口コミ情報だけの回答。 いわば、はっきりしない回答でしかありません。

0

パワーとしては、排気量から見ればスポーツカーとしては平凡な数値です。 しかしながら、みなさんのおっしゃっている通り、現在の燃費や排ガス規制を考えれば、しょうがないことで、逆にこのパワーでリッター12kmであればかなりいい方だと思います。 問題はバランスですネ。 水平対向エンジンで、低重心になり、ここらへんがどう面白みが出てくるかです。 個人的には、重量が気になっているところです。 海外メディアによると1200kg台となっており、これが本当ならば、現在の日本の安全・剛性基準を考えれば驚きです。 一応アルテッツアよりも軽いことになります。 まあ当時の86は1000kg切ってましたけどネ(笑)排気量はまったく違うけど。 軽量と低重心エンジンであれば、かなりバランスがよくなると考えられ、速さだけではなくしっかり曲がってくれるいい車になっていると思います。 ただし、国内発表の記事でもなぜが重量だけは記載が無く、事実は不明となっています。 スバルとトヨタのいいとこどりみたいな車に思えますが、個人的にはスバルの血が多く出ていると思い、ところどころにインプの特性が出ていると思います。 しかしFRですし、そこらへんは、いままでのものと全く違った...いい意味で期待しています。 まぁまだ誰も試乗してませんから(笑) ほとんどが願い的な感想ですネ あとは個人的には数日後に発表されるスバル版も期待しています。

0

低重心という話が出ていますけど、たしかにそれが一番のポイントですね。 ただ、別の側面もあります。 3S-G はかなり設計の古いエンジンで、たしかにパワーは出ていましたけど、今の時代の排ガス規制や燃費規制をクリアできなかったと思われます。 使う側からは劇的な変化という事は感じられないかも知れませんけど、環境面では劇的に向上していると思います。 ただ、意地の悪い言い方をすれば、ホンダS2000のように、2000ccで250PSも絞りだせる技術は、トヨタにも、スバルにも、YAMAHAにも無かったのでは?となるわけです。 でも、長く乗るつもりなら、そこそこのパワーのほうが良いでしょうし、86ノパワーは妥当だと思いますけどね(個人的にはもう少し低くても良いとは思います)

0

フラット4でFRならばエンジン実装がラク(エンジンルームを有効に使える)で、しかも低重心化できる 直4でシリンダー立てたらDOHCの重量級ヘッドが高い位置に来る コーナーは低重心の方が圧倒的に有利