ここから本文です

織田信長が明智光秀に対してしたひどい仕打ちを教えて頂けませんかm(__)m 出来...

yut********さん

2011/12/111:32:46

織田信長が明智光秀に対してしたひどい仕打ちを教えて頂けませんかm(__)m

出来れば多数が希望ですが、ひとつでも構いません

閲覧数:
5,372
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mel********さん

2011/12/112:15:23

ウィキからです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E6%99%BA%E5%85%89%E7%A7%80

主君の信長は短気かつ苛烈な性格であったため、光秀は常々非情な仕打ちを受けていたという説。
以下はその代表例とされるもの。

信長に酒を強要され、下戸の光秀が辞退すると「わしの酒が飲めぬか。ならばこれを飲め」と刀を口元に突き付けられた。

同じく酒席で光秀が目立たぬように中座しかけたところ、「このキンカ頭(禿頭の意)」と満座の中で信長に怒鳴りつけられ、頭を打たれた(キンカ頭とは、「光秀」の「光」の下の部分と「秀」の上の部分を合わせると「禿」となることからの信長なりの洒落という説もある)。

丹波八上城に人質として自身の母親を預けて、身の安全を保障した上で降伏させた元八上城主の波多野秀治・秀尚兄弟を、信長が勝手に殺害。これにより、激怒した八上城の家臣は光秀の母親を殺害してしまった。殺害された母親の死体は、首を切断され木に縛られていたと言われる。(絵本太功記による創作とされる)。

武田家を滅ぼした徳川家康の功を労うため、安土城にて行われた京料理での接待を任され、献立から考えて苦労して用意した料理を、「腐っている」と信長に因縁をつけられそれを聞いた家臣が怒って安土城の堀や川に投げ捨てた。魚が腐ってしまい安土城全体が魚臭くなってしまったからとの説もある。また、京料理独特の薄味にしたため、塩辛い味付けを好む尾張出身の信長の舌には合わなかったとも言われている。この一件により、すぐさま秀吉の援軍に行けと命じられてしまう。この時の解釈にも諸説あり、安土大饗応の時、実は信長は光秀に対して徳川家康を討てと命じたが光秀がそれを拒否した為に接待役を免ぜられたという説、魚が腐っている(肴が腐っている)というのは毒を入れろと言ったのになぜ入れなかったのかという信長の怒りという説、信長自らがわざわざ台所に行き材料の魚鳥を吟味した説などがある。

中国2国(出雲国・石見国)は攻め取った分だけそのまま光秀の領地にしてもいいが、その時は滋賀郡(近江坂本)・丹波国は召し上げにする、と伝えられたこと。(明智軍記)

武田征伐の際に、信濃の反武田派の豪族が織田軍の元に集結するさまを見て「我々も骨を折った甲斐があった」と光秀が言った所、「お前ごときが何をしたのだ」と信長が激怒し、小姓の森成利(森蘭丸)に鉄扇で叩かれ恥をかいた(明智軍記)。

ルイス・フロイスも、信長が光秀を足蹴にした事があると記している(日本史)。日本史は明智軍記よりかなり信憑性は高いとされている。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aikoさん

編集あり2011/12/214:06:31

織田信長が明智光秀の領地を召し上げたり、徳川家康の接待で恥をかかされたりしたことです。織田信長は明智光秀を相当恐れていたと思います!

kas********さん

2011/12/120:19:16

信憑性があるのは
本能寺の変の直前
安土城で相談している時に光秀の発言で機嫌を損ねて
光秀を足蹴にしたことくらいでしょうね。
これはフロイスが記録に残しています。

他のひどい仕打ちのエピソードは
後世の軍記物語の創作ばかりです。

it_********さん

2011/12/112:24:51

比叡山焼き討ちに反対したとき、足蹴にして泥田に
蹴落としたとか、浅井・朝倉を滅ぼした後の祝宴の場で
浅井長政、久政親子と朝倉義景のドクロに金粉を
叩いたハクダミをサカナに酒を飲んだとき、白けた顔の
光秀を足蹴にしたとか、武田攻めを終えたあとの陣中で
光秀の述懐を聞きとがめたとき、欄干に頭をたたきつけたとか
いろいろ言われている。

だが信憑性はあんまりない。

信憑性がある『ひどい仕打ち』は、領地の丹波南近江を
召し上げられ、代わりに敵地である毛利の領地、出雲と
石見を切り取り次第にしろと言われたこと。

また四国攻めのとき、当時の習慣では交渉役になっていた
光秀が、交渉決裂の場合には総大将として、前線を指揮する
司令官になるはずだったのを、織田信孝と丹羽長秀が
任命され、面目を潰したこと。

だが当時の習慣などまるっきり無視していた信長だから、
後者のそれは、嫌がらせでもなんでもなく、信長は光秀の
ような優秀な司令官を、四国の戦いごときに使うのは
もったいないと思っていたのかもしれない。

だが出雲、石見の領地のことはムチャな話で、私はこれこそが
光秀を本能寺の叛乱に赴かせた、真の原因と考える。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる