ここから本文です

インドの神様?なガネーシャについて 詳しく教えてください!

yuk********さん

2011/12/612:58:50

インドの神様?なガネーシャについて
詳しく教えてください!

補足面白いですね(・∀・)
ほかにどんな神様がいるんですか?

閲覧数:
434
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dil********さん

編集あり2011/12/619:17:54

ガネーシャはシヴァとパールヴァティの間に生まれた神様です。
あらゆる災厄を取り除いてくれる神様で、商売や学問の神様でもあります。


象の頭をしている理由は以下の通りです。
============
パールヴァティが身体を洗って、その身体の汚れを集めて人形を作りました。
その人形をパールヴァティはたいそう気に入って命を与えました。
これがガネーシャです。
そしてガネーシャに浴室の見張りをさせました。
そこへシヴァが現れ、ガネーシャとシヴァは「中へ入れろ」「入れない」と押し問答。
シヴァは激怒し、ガネーシャの首を切り落としました。

パールヴァティからそれが自分の息子であったと知らされたシヴァは、切り落とした首を探しに出かけました。
しかしガネーシャの首は見つからず、シヴァは最初に出会った象の首を持ち帰ってガネーシャの身体にくっつけて復活させました。
============
奇想天外ですがインドの神話はどれもこんな感じです。


片方の牙が折れている理由は、夜道を歩いている時に転んでしまい、それを見ていた月に笑われてしまったため、怒ってその牙を折って投げつけたからだそうです。

ガナパティと呼ばれることもあり、日本の仏教では観喜天と呼ばれます。
また、ガネーシャの絵には必ずねずみが描かれていますが、これはガネーシャの乗り物だからです。



【補足に関して】
ヒンドゥー教では一人の神様が役割に応じて三つの姿で現れると言われています。
この考えをトリムルティ(三神一体)と言います。

一つ目は創造神ブラフマー。
四つの顔と四本の腕を持つ神様です。
これは四つのヴェーダ(聖典)を象徴しています。

二つ目は繁栄の神ヴィシュヌ。
四本の腕を持ち、それぞれに武器を持っています。
10の化身を持ち、この世には化身の姿で現れます。
この「化身」を「アヴァターラ」と呼び、これは「アバター」の語源となっています。

三つ目は破壊神シヴァ。
世界の終わりが来た時に全てを破壊し、新たな創造の準備をします。
青い肌で、腰巻をまとっています。
シヴァの乗り物はナンディンと呼ばれる牛であり、そのためヒンドゥー教徒は牛肉を食べない事で有名です。

質問した人からのコメント

2011/12/6 20:07:50

感謝 ありがとうございます(・∀・)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる