ここから本文です

国民健康保険自己負担額と住民税非課税の扱いについて

jin********さん

2011/12/619:05:04

国民健康保険自己負担額と住民税非課税の扱いについて

国民健康保険の自己負担上限額が設定されるにあたって、住民税の課税状況に応じた基準があるかと思います。
住民税には「所得割」と「均等割」の2つがあることはわかります。
また所得割については控除項目を含め年間所得の上限目安となる収入額についてはわかりました。
質問としては「均等割」には控除項目がなく、
【(本人+扶養家族人数)×28万円+16万8千円】以下の人が非課税。
という記載しかありません。
この場合、就労収入で上記計算式に当てはめ上限額を超え、所得割では非課税でも均等割では課税対象となりうることが考えられるのですが、その場合、国民健康保険上で言う「非課税世帯」とは上記2種全ての非課税を意味するものなのでしょうか?それとも所得割のみを基準とするのか、また考え方自体が間違っているのか、教えていただけませんでしょうか。

閲覧数:
593
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sou********さん

2011/12/619:21:09

jindoridaneさん

非課税世帯とは、世帯構成員全員が、所得割も均等割も非課税の場合を言います。
両方非課税の場合に限って「非課税者」です。

質問した人からのコメント

2011/12/7 08:49:18

降参 わかりやすい回答、ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる