ここから本文です

区民税・都民税について質問です。 H22年3月~H23年8月まで世田谷区民でした。9...

アバター

ID非公開さん

2011/12/1014:03:02

区民税・都民税について質問です。

H22年3月~H23年8月まで世田谷区民でした。9月からは横浜市民になりました。

また、10月に仕事を辞め、それまで給料から天引きだった健康保険・年金・住民税の支払いは自分で行うようになりました。

先日世田谷区から特別区民税・都民税の振込用紙が届きました。
H23年度分第4期60,000円と書いてあります。

第4期というのは世田谷区の住民税は年4回(3ヶ月に1回)徴収するという意味ですか?

1回の徴収が60,000円という金額は前年度収入(所得?)が大凡いくらだった人の金額ですか?

私はH23年の収入がH22年より30万ほど多くなります。来年からは住民税がもっと高くなるのでしょうか?

住民税について調べたのですが、難しい言葉だったりでよく理解できませんでした(>_<)
回答よろしくお願いします。

補足回答ありがとうございます。

私は生命保険やらなんやら(母が加入させてくれました)に入っており、保険会社から届いたハガキ(年末調整のときに出すやつ)には控除額?が80,000円と書いてありました。

これはいつのどの課税に対しての控除になるのですか?

年末調整をすると還付されることがあるみたいですが、控除額が80,000円だとどうなるんですか?

わかりにくい質問ですみません(>_<)

閲覧数:
991
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

han********さん

2011/12/1015:51:10

あなたは平成22年の所得額に対して平成23年1月1日に住んでいた
世田谷区に給与から天引きで住民税を納めていました。
天引きは23年6月~24年5月までの12回の分割払いで
毎月天引きされていたのが、退職したために天引きでの分割払いが
出来なくなって、残金(23年11月~24年5月に天引きされる予定だった7回分)
を支払えと言って納付書が送られてきたのです。
1ヶ月あたり8600円 年で10万円程度の住民税だったのだと思います。
22年の収入は250万程度だったのではないですか?

23年は30万程度増えたということなら、来年の住民税は年13万程度と
予想されます。

退職された後、就職していないのであれば年末調整は出来ませんので
10月まで勤めていた会社の源泉徴収票と生命保険、国民年金、
健康保険などの払った金額と証明書を持って来年の春に確定申告してください。
それで所得税の清算と次の住民税課税の元になる所得が決まります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

koo********さん

編集あり2011/12/1015:03:27

住民税は昨年の年収にたいして翌年1月1日に住んでいた所から6月頃請求がきて翌年の5月までで給与から控除されます。が、途中で仕事を辞めた場合は直接本人に請求がきます。つまり支払いの途中なのでいつ辞めたかで支払い方などが変わります。今の時期に請求が4期として来たのであればそれは11月分から5月分までの支払いがまとめて来たと言うことです。単純に3か月分ということではありません。おそらくそれを支払えば来年の5月まで住民税の支払いは有りません。
単純に収入が30万増えたからと言っても、それによって社保、年金などの支払いが変わってきますので計算は出来ませんが、住民税は一律10%なので単純にいえば3万の増税ということです。

補足について:会社を辞めて現在は仕事をしていないということですか?だとすれば辞めた会社から源泉徴収票をもらって、来年2月頃確定申告に行って下さい(どこでしているかは広報があるはずです)その時その保険料の証明書も持参して下さい。また、国保等に加入して支払い済みのものがあればそれも控除できますので忘れずに申告して下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる