ここから本文です

私は48歳男性で、慢性B型肝炎で提訴中の者です、前回質問させて頂き御回答頂い...

suz********さん

2011/12/1315:48:42

私は48歳男性で、慢性B型肝炎で提訴中の者です、前回質問させて頂き御回答頂いております、今回もお知恵を拝借頂きたく宜しくお願いします。
①診断したのは肝臓認定医ではなく、消化器内科の開業医

です。
②治療は薬物治療は実施しておらず、禁酒と経過観察のみです。
弁護士にも相談したのですが、提出した書類に国からのリクエストがあれば用意してもらうとのことでした。
前回も書きこみしましたが、ALT ASTは正常値を保っておますが、診断した消化器内科医はエコ-画像と
ウイルス検出値、血清アミラ-ゼの高値、ビルビリン高値(資料なし)による総合的な所見で診断した。
とのことです。確かに血清アミラ-ゼの高値上昇はネット上で拝見しましたが、これだけでは慢性肝炎の決めてとしては
弱いのではないかと相変わらず感じております。前回のご回答の通り私は20年経過キャリアで簡単な裁判と共感します、ただ感情的には今までの資料収集に費やした時間と労力そして和解金の差額があまりにも違いすぎる悔しさが残ります。これからは国からのリクエストを待つのみとのこと(実際にはいつも女性アシスタントを通した回答ですが)何か今できることは無いでしょうか?至らぬ質問ですいません。

閲覧数:
832
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

san********さん

2011/12/1416:34:51

現在提訴済みと言う事ですよね。

キャリアは確かに50万です。しかし今後の検査費用や慢性肝炎に移行した際には無条件で差額を受け取る事が出来ます。

また昨今HBVの肝炎でも禁酒等勧める専門医はいませんよ。

私は飲みまくっていますよ(笑)主治医も飲み友達やしね。

今回の訴訟では今現在の数値は全く問題じゃないんですよ。
あなたを慢性肝炎と診断した当時の医師の所見がカギです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる