ここから本文です

補聴器っていったい。

sid********さん

2011/12/1621:07:10

補聴器っていったい。

補聴器を使っています。
音は聞こえるけど会話が聞こえない。

どうしたらいいの?

閲覧数:
14,904
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

try********さん

編集あり2011/12/1812:31:26

こんにちわ。
自分も補聴器を使い始めて10年その悩みに悩まされています。
参考までに自分が調整をした経験を書かせてもらいます。

質問者様がどのような聴力状況なのかわかりませんが、
音は聞こえるけど、会話が聞こえないという点を見ると、補聴器をつけてないときは会話は聞こえていると推測されます。
なので、聴力閾値は大きな問題ではないでしょう。


基本、補聴器はすべての音域を綺麗に入れることを目的にしており初期設定もそのようになっています。
なので、補聴器をつけて街中を歩くと環境騒音の方に補聴器が引っ張られてしまい、いざ会話しようと思うと聞こえなくなってしまいます。 こういう設定は高度難聴の方ならいいのかもしれませんが、補聴器をつけなくてもそこそこ聞こえる人や片耳で今まで聞いてきた人にとっては大変不便な設定なのです。

そこで、補聴器側も雑音抑制やら、サウンドスムージングやらコンプレッション、指向性などの抑制機能を盛り込んできてますが、
正直邪魔なだけです。 軽度難聴の方なら4chのアナログ補聴器でも十分に対応できると思います。


そういった点を踏まえて自分が試してきた補聴器調整法をお話ししたいと思います。
あくまで、自己流ですので参考にとどめておいてください。ここまでの調整は補聴器業者もついてこれません。

☆環境音対策

4ch以上の補聴器であるならば、まず1KHZ以上の音域を少し下げてもらいましょう。
人の声は基本的に250~750HZなのでここの領域が入っていても邪魔なだけです。
これで少し街中で歩いてもざわつきが減りストレスが減ります。


抑制機能はほどほどに設定してもらう。 ざわつきや環境騒音がひどいというと補聴器屋さんはこの機能をつかってなんとかしようとします。しかし、これが逆効果になる時もあります。自分はOFFもしくしは弱設定にしてもらってます。しかし、音域の調整の後にするのがいいかもしれません。音域調整をしないままOFFにするとざわつきがひどくなると思います。


耳かけ式か耳穴式で変わりますが、耳かけ式の場合は耳に入れる先っぽのチップを小さめにしてもらうか、穴が開いたチップすることで音漏れをさせ環境音になじませます。 この方法は、補聴器屋さんはあまり知りません。
補聴器と耳を密閉することで音量感は上がりますが逆に音質が変わって聞こえにくくなる場合もあります。

☆人の声対策

①指向性を無指向性に変えてもらう。
最近のデジタル補聴器は、人の声に対応しようと自動的に前だけ、横だけと聞こえる音を抑制します。
しかし、今まで片耳で聴いてきた人などは、逆に聞こえなくなる機能なのです。もし、軽度難聴程度であれば、指向性機能はなくしてもらった方がいいでしょう。


☆やってはいけないこと。

環境音にひっぱられて人の声が聞こえないから音量をあげて聞こうとするのはやめてください。
逆に耳が痛んでしまい、ヘッドフォン難聴のように聴力低下につながります。
自分もこのせいで聴力が落ちて後悔しています。 音量はあくまでも自分の声が反響しない程度に抑えるのがベストです。
そのなかで聞こえる設定を探すのが最善の方法だと思います。

☆最後に

自分の経験を少し話させてもらいましたが、正直、補聴器屋さんが完全なフッティングをするのは無理だということを認識してください。補聴器屋さんが悪いということではなく、見えないものを第三者が調整しきるというのは至難の業ということです。
なので、なんども試行錯誤を繰り返して補聴器屋さんに調整してもらうほかありません。フッティングは補聴器屋さんとの二人三脚の作業なのです。たまに、何度も行くと嫌な顔する補聴器屋さんもいますけど、高いお金払って買ったのに使えないじゃ切なすぎます。あきらめずに調整を続けていくしかないと思います。 補聴器の調整も一歩間違えば更なる難聴を生み出してしまうので医療行為にすべきなんじゃないかな?って最近よく思いますね。

聞こえない相談をしたら新しい補聴器を売りつけてくる補聴器屋さんもいます。
もちろん、メーカーによっては補聴器が自分の耳に合ってない場合もありますが、
そういう声には耳を傾ける必要はありません。 自分の腕の悪さを棚に上げて話をすり替えているパターンが多いです。

自分も、そういう補聴器屋さんにあたってしまい、最後は調整ソフトと機械を購入して自分で調整する決断をしました。
しかし、多くの人がこういった決断ができるわけじゃありません。 補聴器屋さんの調整技術がさらに向上されることを願うばかりです。

音は聞こえるけど人の声が聞こえないという悩みを持たれてる方は多くいます。
自分の経験が参考になれば幸いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

miy********さん

2011/12/1822:20:42

集音器とかイヤーメイトの類じゃないよね?

補聴器してても稀に内緒話みたいな声で話す人もいますから、
その位の会話だったら聞きずらいのは判る。
私も補聴器しててそういった人の会話が聴こえなかった時が
ありました(音のレベル調整するのが面倒でしなかっただけですが)

他回答者が云われてるように貴方にも補聴器購入する際に責任ある
と思います。

やはり使うのは自分であって、売る側はどういう状況なのか判らないし
貴方が進んで、音は聴こえるけど会話が聴こえないって云えば、補聴器店
もそれなりに対処してたんじゃないかな。

プロフィール画像

カテゴリマスター

fra********さん

編集あり2011/12/1717:41:23

補聴器のメーカー、製品名がわかればいくらでもお力になれればと思いますけれどどうでしょう。
あと出来れば聴力閾値ですね。

質問内容がザックリなのでザックリにしか回答できませんけど

1、販売店での調整などをきちんと受ける

2、その機種が聴力にあった機種なのかどうか?
良くありがちなのが、機種選別のミスです。
悪くなっても大丈夫なように高度用を買ったとか、ベント(通気穴とのバランスが悪いとか)

3、聴力閾値の問題
あまりにも低下している場合(高度難聴やろうなどといった場合は効果はえてして出にくい
後迷路性難聴であればでない音さえ聞こえればと判断するのが一般的です。

もし詳しい状況がわかれば、出来る範囲でお手伝いしますよ^^



追記です。
yae_sioji094さんの記載事項読ませていただきました。
補聴器販売に携わる物として、そのお気持ちよくわかります。
それが私もイヤで、自分で始めた者ですからね

私にも誰にも負けないフィッティング技術などを本気で勉強し、どのように作製できるようにすれば長く使えるものが出来るのか本気で悩みました。
ですが企業という中では、、そういった難聴者のために、という視点ではなく売り上げのためにということが多く
補聴器を長く持つように一生懸命になる人はダメというレッテルを貼られたほどです
補聴器の寿命は5年、そんな馬鹿なわけない、使用状況や状態にもよるが、誰よりも1年でも長く使うことが本来の物に対する見方ではないだろうか?使う方のために作られたものが補聴器なのではないかという考えになったのも本当

高かったけど変わらない。8万円のものでも24万円の物でも変わらない
現実的には、確かに違う物なのでしょう。しかし、そのフィッティングという人の耳に合わせるという作業がもっとも重要視されるのが補聴器である。しかし、残念なことに24万円する物でも変わらない、又は8万円の物でしっかり合わせることができる人がいる。 わたしも、その8万円でもっとよく合わせる人間を目指していきたいとも思っております

まさにおっしゃるとおり悔しい気持ちにもなるでしょう、変な不安感、不満足感が出るのも、補聴器をフィッティングを行う技術者の不足、あるいはそういった店舗経営者のバブル時代からの傲慢な考えまでも勘ぐってしまうのかもしれませんね。今回のご意見は私にとっても良い勉強になると思いました。


それと参考までにオーダーメイド耳穴型の場合なのですが、2~3ヶ月間はメーカー問わず返品は出来なくとも無料で作製しなおしが出来るはずですので、もし作成後期間が差ほど経っていなければ、補聴器をもう一度持ってゆかれれば良いのではないかと思います。

yae********さん

編集あり2011/12/1711:56:44

補聴器を使って居るけれど会話が聞こえない(聞き取れない)。「購入するときはしっかり試用したのですが・・・」という不満は使用している人の聴力の質に原因がありますし、補聴器は、あくまでも聞こえを補うだけの事で、あらゆる難聴の事例に対して、またあらゆるシ-ンでの聞き取りに威力を発揮できるか?には、残念ながら微力な物でしかありませんと言うほかありません。

聞こえの悪さにはその原因からも受けた内耳へのダメ-ジにより、補聴器で補える階調と聞き取れないト-ンなどがあって当然なのです。
ここで、補聴器店がどうのこうの、耳鼻科の医師に何かしていただく、などは、気休めに過ぎません。補聴器店も商売上は売り上げ成績を見込むためには、懇切なアドバイスを行い、長い試聴期間を与えて、ぼぼ納得していただいたユ-ザの方に、保証をつけて売り渡すわけですから、一概に、眼科医や補聴器店について、非難中傷することは余り意味のないことのように思えますが・・・・
「音は聞こえるが、会話が上手く聞き取れない」のが補聴器の限界と考えては居ますが、その人の難聴原因も大いに関係していると思われます。

テレビの音声も同じですね。そこで補助スピ-カ-などを使用するのですが、会議などでは会場環境から殆ど間近でも対話不能になってしまいます。補聴器の限界を嫌と言うほど知るのはこんな時なのですね!

片耳用24万円のものも、8万円の物も実際に比較してみますと、聞こえ方にはそれ程の違いがないことに唖然としますね!
価格の高い物は、要らない音はカットされるなど言う、うまい話をされますが、それを事実と認めるだけの実感はありません。

補聴器とはそう言う物なのです。余り期待をかけすぎる余り、問題噴出となるわけですので、限界を認識されることも必要かと思いまして、実体験から記してみました。

補聴器性能の論理的機能は飽きるほど喧伝されていますが、性能向上というフレ-ズに、価格が比例して高騰している現状にはうんざりしています。

先ずは程々のところで妥協してください!悲し、悔し、ですねけどね(笑)

doc********さん

2011/12/1700:20:35

耳鼻咽喉科医です。

どのようなところで補聴器(HA)をお求めになりましたか。
HAは眼鏡と同じく医療機器であり、眼鏡以上に細かい
個別設定が必要な機器です。補聴器相談医などの介入
により一定の質のfittingが可能ですが、眼鏡店、時計店
などで試用なしに購入され、全く効果がないという事態に
遭遇される方が後を絶ちません。

加齢や内耳障害による感音難聴は、HAによって増幅され
た音を不快に感じる特徴があり、HAを適応しにくい疾患
です。また、老人性難聴は音を識別する能力が低下して
いる事が多く、この点でもHAを適用しにくいです。
このような事態が発生しないようにするには、1週間程度
試用してから購入するのが最も安全です。

主さんが補聴器専門店以外で試用補聴器相談医の介入
なく、かつ1週間以上の試用なしに購入されたなら、8日
以内なら法令に基づくクーリングオフが可能です。
領収書と実物を持参し返品を申し出てください。
応じないようなら国民生活センター、消費者庁など公的
機関への上訴をご検討いただくのがよいと思います。

8日間を超えた場合、残念ですが返金は難しいと思い
ます。良心的な店なら他の機種への変更は応じてもら
えるかもしれませんが。また、オーダーメイドの耳栓型
補聴器などの場合も返品は困難です。

これらの点を考慮し、お店と交渉してみてください。
よく考えずに購入したあなたにも責任があることを忘れ
ないように。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる