勤務時間中の健康診断受診による給与差し引きについて 労働安全衛生法等に違反しないか?

勤務時間中の健康診断受診による給与差し引きについて 労働安全衛生法等に違反しないか? 私は大手人材派遣会社に登録し、当該会社に派遣社員・パートタイマーとして勤務する者です。 総務部門から健康診断を受けるようにと通知されましたが、勤務時間中に受診すると、給与がその時間だけ 支給されないとのことです。これは労働安全衛生法等に違反しませんか?当該法令に明るい方、ご教示お願いたいsます。 ちなみに、違反している場合、根拠条文を明示して頂けると幸いです。

ベストアンサー

0

健診の受診に要した時間についての賃金の支払いについて厚生労働省は、一般健診は、一般的な健康の確保を図ることを目的として事業者にその実施義務を課したものであり、業務遂行との関連において行なわれるものではないので事業者が負担すべきものではなく労使協議して決めるべきものであるが、健康の確保が事業遂行上不可欠なものであるから賃金の支払いが望ましいとしています。 つまり、一般健康診断に関しては賃金を支払わなければならないという義務はなく、努力せよといっているにすぎません。 特殊健康診断は業務の遂行にからんで当然実施されなければならないことから、所定労働時間内に行なうべきものであり、所定時間外で行なった場合は、時間外労働として割増賃金を支払う必要があります(昭和47年9月18日基発602号)。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:2011/12/20 12:19