ここから本文です

宗教法人法第十八条第六項の宗教上の機能に関する権限なのか、事務の権限なのか ...

konoidhasiyoukanoudesuさん

2011/12/2411:41:11

宗教法人法第十八条第六項の宗教上の機能に関する権限なのか、事務の権限なのか
教えてください?

閲覧数:
168
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ohnogi4384さん

2011/12/3114:16:54

宗教法人法第18条第6項は、役員の世俗的な事務の権限は、教義の解釈や儀式の施行などの宗教的権限とは別個の権限であることを定めたものです。

後者は、信教の自由に関する権限であり、宗教法人法という法律によって規制することはできません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。