ここから本文です

生活保護受給中です。これまでは収入認定額が生活保護基準額以下でした。12月に...

a06********さん

2011/12/3100:25:23

生活保護受給中です。これまでは収入認定額が生活保護基準額以下でした。12月に賞与が出て、認定額が3千円ほど基準額を初めて超えました。この場合生保廃止になるのでしょうか?

質問が2点あります。どなたかお詳しい方、ご回答頂けると助かります。


①生活保護を受給しながらパートで1年半位勤めた後、6ヶ月ほど前に契約社員になりました。給料が上がったのですが、月平均の収入認定額が13万位で、生活保護基準額(自分の場合は 135,310円です)以下が続いていたので、現在も生保受給中です。今回12月に賞与が少し出たため、初めて認定額が138,000円になり、基準額を3千円ほど超えました。以前、ケースワーカーに認定額が基準額を超えた場合は、生保打ち切りになると言われた事があります。この場合オーバーした分のお金を返せば、保護継続になるのでしょうか。今後の予定としては、しばらくは契約社員で、毎月の収入認定額は、当面現在程度(13万位の認定額)の収入、生活保護基準額以下が続き、賞与月の7月と12月に少し(1万円以内)基準額をオーバーする予想です。


②特別控除の事をケースワーワーカーに質問した際、「あなたには適用出来ない」と言われた事があります。理由はよくわかりませんが、毎月控除しているからと言っていたような気がします。ただし、書類を見せてもらえないので、毎月の控除額がいくらになっているか、本当に毎月控除されているのかはわかりません。生活保護基準額表(平成23年4月~)には、勤労控除の中に、特別控除として、賞与収入などに対応したもので、年間収入の1割で、150,900円以内の額と記載されています。特別控除は自分には適用されないものなのでしょうか?

補足皆様、詳細にご回答ありがとうございます。②について補足します。
自分の保護決定通知書には、特別控除の記載は載っていません。ということは実際、適用されていないのかもしれません。
なお、毎月の保護費は、決定内容の住宅扶助の欄に扶助額全額分が記載されてきます。

閲覧数:
9,846
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2011/12/3121:56:48

▼捕捉に対する回答です。<m(__)m>
>>決定内容の住宅扶助の欄に扶助額全額分が記載されてきます。

ん? 項目毎にちゃんと分けて印字とかされてませんか?^-^;
それはそれでまた別の意味でなんかおかしいような事になっている模様です。
手抜きをしてそうなっているのか? それとも支給されるべき項目そのものが処理落ち等で抜け落ちているのか?(不支給)

何れにしても、年明け早々に保護決定通知書を持参して市の方に行き、一つ一つ納得出来るまで職員らから説明なりさせるようにまずされてみて下さい。理由等もちゃんと述べさせるようにさせて下さい。としか、現状では細かい所が良く解りませんのでそのような回答しか出来かねない感じですね。

▼捕捉前の回答です。<m(__)m>
>>認定額が3千円ほど基準額を初めて超えました。この場合生保廃止になるのでしょうか?

いえ。
たかが1回最低保障額をちょっと超えたと言う程度では、これはすぐに保護停止等には至りませんし、また出来ません。
しかも、賞与分加算にて飛び越えただけですから、これが毎月お給料で飛び越えますよと言う事であれば停止と言う事にもなりますが、そうではありませんから、貴方の場合、今回の3千円上回った分については、これは過払い金と言う事になりますので、来月分の保護費からその過払い分を調整して差し引いた額が給付されると言うような形で、来月分等で充当されて相殺するような格好で処理されるものと考えられます。

>>理由はよくわかりませんが、毎月控除しているからと言っていたような気がします。

下記のリンク先のページの特別控除の欄の「ウ」で処理されているものと推察できます。
http://www.incl.ne.jp/~ksk/ksk/seido/hyou0001.html

>>書類を見せてもらえないので、毎月の控除額がいくらになっているか、本当に毎月控除されているのかはわかりません。

ん? 解るはずですよ?
貴方のお手元の方へ、保護費の変更が発生する度に、福祉事務所の方から郵送等により保護決定通知書のようなモノが送られてきているハズですが、それを見れば内訳のような明細は全て解るはずです。
尚、この決定通知書等は同時に貴方の地域で民生委員をされている方の方へも送られています。

また、そう言うのは聞けばケースワーカーの担当職員らか説明等も受けられますので、不明な点は遠慮せず納得出来るまで調べたり聞くなりされて下さい。

>>特別控除は自分には適用されないものなのでしょうか?

貴方は毎月控除されていると言ってますが、それがどの控除なのか? と言う点がいまいち不明です。
基礎控除(勤労控除)として毎月一定額のお給料が発生するから控除額もこれくらいになるでしょうと言う事で予めみなし計算で控除している方だけの控除なのか?も知れませんし、

賞与等の臨時収入に対する特別控除等も予め額がある程度解っているようなら同じようにみなし計算出来ますが、貰ってみるまで額さえ解りませんと言うような不明な場合であれば、都度特別控除の処理をする他無かったりもしますので、その辺の細かい所がどうなっているのかを、正月明けにでも担当職員の方へ細かく確認なりされてみると良いです。

尚、参考のリンク先の方の地域だと、特別控除そのものを実施していなかったと言うようなケシカランお話しになっていた模様です。^-^;
ですから、もしかすると貴方の地域も似たような事にでもなっていると言うような可能性が無いとも言えません。

ま、何れにしても細かい所での情報が欠落してますから、こうだと言うような回答は不能です。

質問した人からのコメント

2012/1/5 18:54:20

降参 今日役所に行ってきました。混んでいたので詳細の問合わせは出来ませんでしたが、皆様のおかげで安心してCWと話ができ、無事生保継続されました。回答内に知らない情報も幾つかあり、今後の参考にさせて頂きます。回答全てベストアンサーでした。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

his********さん

編集あり2011/12/3117:33:58

まず、1ですが最低生活費を上回る収入が得られるようになったと判断するのは福祉事務所によって違うのが現状です。超えたらすぐに廃止というところも実際にあります。殆どは3か月ほど収入状況について様子を見ます。その間超えた分は返還という形になりますが、基本は受給者が最低生活費を完全に超えた事を確認する事が求められます。ですから廃止するには収入が安定していて廃止しても生活に困らない状況とならなければなりません。

2ですが、特別控除というのは通常夏と冬の2回実施します。控除の実施には受給者が継続的に就労していたというものが必要です。毎月定期的な就労収入があれば殆どの場合、特別控除が成されます。後は保護廃止時にも特別控除が行われる場合があります。特別控除は基本ボーナス時に行います。受給者の状況によっても控除適用か適用しないかはケースワーカーの判断にもよりますので、再度福祉事務所でお聞きになるのが良いと思います。

補足を拝見しました。
特別控除は通常は追加支給にて支給されることが多いです。福祉事務所の福祉システムでは複数の処理を同時にする事(同時複数起案)ができない場合が多く、通常の支給と同じであると処理できない場合があります。
ただ全てがそうではありません。
夏と冬のボーナス支給時に通常行う特別控除ではケースワーカーの判断が重要となります。実際に就労状況でケースワーカーが特別控除できないと判断したケースもあります。
特別控除の保護決定通知書には「夏期特別控除を実施します」などと決定理由欄に記載されると思います。追加支給の連絡もないとなると保護廃止時にまとめて控除実施するのかもしれません。
どちらにしても夏、冬、保護廃止時に特別控除は実施されると考えておいて下さい。
ちなみに問い合わせする場合で担当者がいない場合でもケース記録には特別控除の決裁を受けている場合は記載されていますので職員であれば有無は確認できると思います。問い合わせするのもいいと思います。

mx4********さん

編集あり2011/12/3122:19:06

特別控除の事ですが
②に書いてる通り
働いて臨時収入(賞与等)の収入があった時に
年間の1割まで金額もその通りですが
自治体によって変わってきますが年に1・2回まとめて支給される
のが特別控除になります。
毎月送られてくる保護決定書を確認すれば
金額は書いてありませんが
特別控除認定によると書いてあります。
●賞与が1万円以下なのでその1割数百円程度しか特別控除は支給されません。
適用になると思いますが数百円位ですね。
よく毎月送られてくる保護決定書を確認してください。

順番が逆になりますが
①に回答になります
生活保護基準額を超えてもすぐには生活保護は打ち切りには成りません。
基準額が持続的に超えた場合
自治体によって変わってきますが
3~6ヶ月続けば停止・打ち切りの対象になる可能性はあります。
または、明らかに基準額が大きく超える場合は即打ち切りになる
可能性がありますが
あなたの場合は多少超えた範囲内なので大丈夫だと思います。
あなたの場合は、次月に生活保護、調整されて
超えた金額が減額されます。
安心してください。

●補足の部分についてですが・・・
特別控除の事をケースワーワーカーに質問した際出来ない・・・
という事は勤労控除として
生活保護課では処理していることになります。
特別控除で処理しても数百円ですので
勤労控除が前月より数百円上乗せして支給されることになって
いあることになると思います。

例えばの話になりますがこれが、賞与が約10万円としてら
特別控除約1万円の話になると思いますが。
少ない賞与の場合は勤労控除で調整する場合もあります。
特別控除と、勤労控除と区別するのは
地域差がありますので生活保護課のCWが判断しますので
詳しい事はやはり生活保護課のCWではない分りません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる