ここから本文です

宇宙ロケットって、本体の他に幾つかの 補助ブースターロケットが備わっているも...

bvs********さん

2012/1/710:24:58

宇宙ロケットって、本体の他に幾つかの
補助ブースターロケットが備わっているものがありますが、
このブースターって大気圏内で
役目を終えて切り離されるのが普通のようですが、

これって切り離された後、
落下により、大気圏との摩擦で
全て燃え尽きるものでしょうか?

閲覧数:
207
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tri********さん

編集あり2012/1/712:53:08

カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から発射されるソユーズロケットから切り離した4機の液体燃料ロケットブースターは周辺国に落下しないように、カザフスタンの砂漠に低い高度からそのまま地上へ落下させて、大破、草原にスクラップとして放置されます、写真は4機の液体燃料ロケットブースターで加速されるソユーズロケット
これは液体燃料ロケットブースターのタンクに残った推進剤が周辺地域にまき散らされるからですhttp://blogs.yahoo.co.jp/bdcxs228/34321769.html

日本のHー2Aロケット、ミューファイブロケットの固体燃料ロケットブースターは固体燃料が燃え尽きたら指定された警戒海域に落下させて、海底で魚礁になります

加速中の大気圏内で補助ロケットブースターが切り離されると、飛行速度(落下速度)が遅く大気との空力加熱が燃え尽きるほど高温にならないのでそのまま海面、陸上落ちます、大きく重いのでパラシュートはついていません

中国内陸部の酒泉ロケット基地から打ち上げられる長征ロケットから切り離した毒性が強い液体推進剤が入った液体燃料ロケットブースタが基地周辺の村に落ちて数百人が死亡、村ごと消えましたそのニューズビデオhttp://www.youtube.com/watch?v=PLABnHbNqX4

カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から発射されるソユーズロケットから切り離した4機の液体燃料ロケットブースターは周...

質問した人からのコメント

2012/1/11 11:18:01

降参 回答してくださった皆様方、
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

txr********さん

2012/1/716:54:54

落下により、大気圏との摩擦で
全て燃え尽きるものでしょうか?

まず、大気との摩擦というのは間違いです。断熱圧縮という現象で空力加熱を受けるのであって、大気との摩擦での発熱はたいしたことはありません。
また、空力加熱を受けるのは高速(秒速数キロとか)の場合で、打ち上げではその速度に達する前に補助ブースターは切り離されるので大きな加熱は受けません。また場合によってはパラシュートなどで減速して落下させます。
隕石や人工衛星は宇宙では地球に対して秒速7~10キロ程度で落下してきます。そのため表面温度が数千度になりますが、逆に言えばゆっくり落ちてくるなら燃え尽きたりはしないのです。

mam********さん

編集あり2012/1/710:42:48

地上に落下します
低速で落下するので燃えることはありません
日本やアメリカは海上に落下させるので回収して再使用します

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる