ここから本文です

サッカリンとかチクロとか

aba********さん

2012/1/1100:22:47

サッカリンとかチクロとか

いったいどの時代のことですか?

何に使うのですか?

閲覧数:
9,780
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ya_********さん

2012/1/1101:50:51

2品とも人工甘味料のひとつですよ~。でも結構な違いがあるようで、私の知識だけでは発見時代などまでは明確でなく、あいまいでしたので少し探ってみました。
まずそれぞれの特徴ですが・・・。

①サッカリンは人工甘味料の1つ。摂取しても熱量(カロリー)となりません。1878年に外国で研究中に偶然発見したようです。
サッカリンは、発見されてまもなく商用化され、第一次世界大戦が始まって砂糖が不足すると急速に普及しました。1960年代から1970年代には、ダイエットへの有効性が認識され、広く使われるようになったようです。

②チクロも、人工甘味料のひとつ。ただ甘さは砂糖の30倍から50倍といわれています。しかし、特に高濃度の場合は後味がわずかに苦いようですが、サッカリンやアセスルファムカリウムほどではなく、それらの高甘味度甘味料に比べてすっきりした砂糖に近い甘味をもつと言われています。1937年にアメリカで発見されたとか・・・。

チクロは発癌性や催奇形性の疑いが指摘されたため、アメリカや日本は1969年に相次いで食品添加物の指定を取り消し、使用が禁止されたとのことです。
日本においては1969年の使用禁止をきっかけに、多くの食品・菓子で甘味料が変更されることになり、この当時には、砂糖のみを使用した商品では砂糖使用であることを明示するためラベルに「全糖」という表示が付けられたとのこと。しかし、味が変化したり、安価なチクロが使えなくなったことによる価格上昇で売上を落とし、姿を消した商品も少なくないそうです。

チクロなんて私も口にしたことありませんし、今は人工甘味料って色々あるから、謎が多いかとも思っています(ーー゛)~。

質問した人からのコメント

2012/1/17 10:49:01

一安心 では、サッカリンは何故家庭で使われなくなったのでしょうか。
昔はどこの家庭の台所にも、試験管に入ったサッカリンなるものがあったそうな。
疑問が残ります。でも、一所懸命な(これが正しい)調査に感謝!!!

「チクロ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yok********さん

2012/1/1110:23:34

どちらも甘味料です。昭和40年代初頭までは使われていましたが有害なのが分かって禁止されました。因みに良く言う赤チンの色はチクロの色です。医療品にも使われてたんですね。

mah********さん

2012/1/1103:43:45

サッカリンは戦後の甘みが無い時代に広まったと母に聞きました。

チクロは、昭和40年代に駄菓子屋のジュースなどに添加されていて、身体に悪いとニュースで言われていました。

サッカリンて、今も歯磨き粉に入っていますよね。

rip********さん

2012/1/1100:29:41

サッカリンは甘味料で昭和だと思います。

チクロは知らないです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる