ここから本文です

B型肝炎について詳しく教えてください。

kin********さん

2012/1/1414:26:29

B型肝炎について詳しく教えてください。

先日、母がB型肝炎であるということを知らされました。
集団予防接種の注射針の使い回しが原因ということでした。
これまでその病気についてまったく無知だったので調べてみたのですがよくわかりません。
お聞きしたいのは、その病気で死ぬ確率はどのくらいなのかということです。
母は今は悪くないので、今すぐどうこうというわけではないけど、この先は分からない・・・ということを言っています。
いきなりのことだったので、正直あまり頭が回っていないのですが、回答よろしくお願いします。

閲覧数:
471
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fwi********さん

2012/1/2018:30:49

今後の経過に関してですが、HBV-DNA量がどのくらいかというのが、肝硬変、肝臓がんとの相関があるため、その数値を把握する必要があります。また活動性を示すHBe抗原が陽性か陰性か?
現在ではB型慢性肝炎でも核酸アナログ製剤を投与する事で、進行をかなり抑える事が出来る様になりました
また予防接種での感染という事ですが、その接種時期は貴方が産まれる前でしょうか?
通常、B型肝炎の殆どは「母子感染」次いで最近多いのが性交渉やピアスの穴あけ、入れ墨などです
集団予防接種での感染は随分以前の事という事を考えますと、貴方自身もキャリアの可能性はゼロではないという
事です、1986年以降に出産された方は、ちゃんとB型肝炎の検査をしています。
それ以前にお母様が予防接種でB型キャリアの状態で貴方が産まれてきていたらワクチンを接種していないかぎり
9割近くの感染率です、同じくお父様もキャリアの可能性もあります。

結果として、B型肝炎由来の肝硬変、肝臓がんで死亡する確率はその活動性によって違いますので
最初に記載した数値が重要になります。肝臓専門医で、家族の皆さんで「ウイルス検査」をすることを
強くお勧め致します
肝炎ウイルス検査は無料で実施している医療機関も多く、保健所で匿名でも可能です
B型肝炎のキャリアは現在約150万人、人口の1%程度に相当します
その中で慢性肝炎は約10%,年間肝硬変や肝臓がんでの死亡は約4000人です
今後、バラクルードなどの核酸アナログ治療で今の症状が沈静化する可能性は高いので
しっかり服用されて下さい、そして血液を介した感染がありますので、先に記したように
肝炎ウイルス検査を必ず実施され、必要によってはワクチンを打って感染を防ぐ事も大事になってきます
もしご不明な点がありましたら再度リクエストマッチされて下さい
数値は確認しておいてもらえますと助かります

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2012/1/1909:26:57

きっと慢性肝炎ですね。たいてい何十年かけて肝炎→肝硬変→肝癌となる流れです。(お母様がどのステージかは分かりませんが)
感染してても症状の出ないキャリアというステージの人が多いです。
死ぬ確率なんて分かりませんが、急性肝炎でない限りすぐ死ぬことなんてないです。
でも肝炎が進行してるなら治療が必要です。まあキャリアもある程度必要ですが。
治療次第ではウイルスを排除できたり、進行を止めることもできます。

ところで質問者さんやお母様の年齢が分かりませんが、肝炎は母子感染します。
質問者さんはB型肝炎検査をしたことありますか?

あと、ご存知とは思いますが、予防接種が原因のB型肝炎は、国が原因を認め、訴訟して勝訴すれば救済金がもらえます。病態のステージ次第ではかなりの額です。除斥期間というのがありますが、お母様の詳細が分かりませんので、お調べになって検討されてみてもいいかもしれないですよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

tnm********さん

2012/1/1414:45:41

この先は分からない・・・・
というのが実情です
予防接種が原因だと仮定すると、
そのうちに抗体が出来る可能性が有ります。
その時に肝炎を起こす事が有りますが
その肝炎の程度は、その人によって違うので予想できません。
まるっきり無症状のまま、抗体が出来て治癒する事もあります

ただし御母上の場合本当に予防注射が原因とは言い切れない所が有ります

B型肝炎ウィルスの長期持続感染(キャリアーと言います)のほとんどは
新生児期(抗体産生能力が無い、弱い)の感染です。

感染しても抗体が作れずHBウィルスを「自身の一部」と認識してしまっている為
長期に感染状態を保っているのです。

この場合、何らかの理由で抗体を産生すると
幼少期以後の感染での場合より
肝炎の発症率は高く、また「劇症型肝炎」に成る確率も出てきます。

どちらにしても、普通の人より頻繁に肝機能検査を受けてください
(3~4カ月に1回程度)
そして肝炎発症を早期に発見し、治療する事です。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる