ここから本文です

FXや株の心理戦で、よく大衆の逆を行けという人がいますが、この意味がよく理解で...

m27912000さん

2012/1/2407:08:03

FXや株の心理戦で、よく大衆の逆を行けという人がいますが、この意味がよく理解できません。ローソク足が円高方向になるということは、円高になると思った人のほうが多かったということですよね。大衆の逆をいく

のでわなく、大衆と同じ方向を考えないといけないのではないのですか?

閲覧数:
5,203
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

purusuto2824さん

2012/1/2418:01:55

多数者の思う方向と行動する(もしくは行動せざるを得ない)方向が異なるということだと思います。

ある方向(例えば上に上がる)に動き続けるには新しいエネルギーが注入され続ける必要があります。ところがある時点まで行くと、その方向に行くと考えまたその方向にかけている人は飽和状態になり、新しいエネルギーが注入されなくなります。多くの人はその方向にはっていますから、多数派の意見としては上昇を考えていますが、すでに飽和状態になってるとみる人々は決済して離脱し始めます。

株はちょっと置いておいて、FXに限定するならば上昇方向を決済するということは下降方向に反対売買をすることになります。下に下がり始めると、上昇が意見としては多数派でも行動は下降方向に行動せざるを得なくなります。つまり意見と実際の行動が反対になってきます。そうして下がり始めるほどに、自分の意見とは逆に行動せざるを得ない人が増え、損切りを巻き込んで加速度的に下がってゆきます。

大衆が考えるのと同じ方向に動くのではなく、大衆が意に反した行動を取らざるを得ないようになるので、またそのようになるときを儲かっている人は狙っているのです。意見の多数派ではなく(損失という形での)大衆の行動の多数派を目指さなくてはならないのです。そうすると少数の人間が利益を占めることができます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

isetotumiyaさん

2012/1/2820:19:04

大衆よりも企業のほうが大きくて、大衆自体は少数派だからですよ。
ついでに大衆は自分のやることをおおっぴらにする傾向があるので、良いカモなのです。
カモを狩る狩人が動くので、一緒に動いてお零れをいただきましょうってことじゃなかったかな?

2012/1/2417:04:45

人と同じことをしていては儲からないということだと思いますよ。

みなが不安で株を投売りしたところで買えば
最安値で買うことも出来るし、
みなが安心して株を買いまくっているところで売れば
バブルがはじける前の高値で売れるのです。

tatsuji466さん

2012/1/2416:27:37

テレビ・新聞等のニュースやしたり顔の解説者が、円高がどうのユーロがどうの・・・なんて言い出したら、そこは相場の天底が近いということでしょう。

このサイトの質問ですら、『なんでユーロは上がっているのでしょうか?理解できません』
などの投稿が増えたら底打ちサインだということですね。

どんなサイトであろうと、『何でこんななに下げているのでしょうか?理解できません』とか
『どこまで行くのでしょうか?もう耐えられません』
などと書込みが増えてきたら転換点が近いと思いますよ。

素人がいくらファンダを分析したって、そりゃ単なるテレビのコメンテーターの意見であることが多いのですからw
ファンダを分析すれば相場で勝てるんだよ・・・・なんてぇ人は、オレは個人でも分析力で野村総研に勝てますよ。。。
などと言っているのと同じだという事に気が付いていないんですよ。

介入期待もそうですね。
日本人個人投資家は介入が大好きです。
でも、裏返した理屈から言うと介入がなされなければならないほど相場が動いているという事でしょ?
介入がなければ大損するのに、介入まで円高方向に賭ければ勝てるはずなのに、なぜかドル円のLポジションを持ってしまう。

> よく大衆の逆を行けという人がいますが
この言葉には但し書きがあると思いますよ。

>> よく(愚かな)大衆の逆を行けという人がいますが
だと思いますぜ・・・・・オラも以前はその一人でしたwwwチャンチャン

shuhei21402さん

2012/1/2413:40:16

相場の動きは ランダム です

心が乱されたやつは 負けます

以上

qaqaqaqaaaさん

2012/1/2409:33:26

基本は質問者様のおっしゃるとおり、
円高になったらそれに付いて行く順張りだと思います。
でも、相場は行き過ぎると必ずどこかで反転します。

こんなに高くなったらもう下がるのではないか、
こんなに安くなったらもう上がるのではないか、
という風に考える逆張りも正しいです。

逆張りはでも大ケガをすることも多いと思います。
順張りでも逆張りでも大事なのは、
ちゃんと逆指値を入れることです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。