ここから本文です

わたしは20数年ある病気と付き合っています。医学・薬学もだいぶ進歩しているよ...

nis********さん

2006/4/2301:47:46

わたしは20数年ある病気と付き合っています。医学・薬学もだいぶ進歩しているようですが、わたしの病気は医学書を読んでも発作を抑える程度で治すことは出来ないようです。医学・薬学に携わり研究している人たちは、癌とかアルツハイマー病とかなんやら聞いたこともない病気を治すことの研究で名を残そうとしているような気がしてなりません。わたしの考えは変ですか。

閲覧数:
360
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rem********さん

2006/4/2319:05:12

現実は理想と違うかもしれないのは否定出来ないと思います。
患者数が少ないとどうしても研究班の先生方も少なくなってしまいます。
しかし研究している先生方、治してあげたいけどと頑張って下さる先生方もいると言う事を忘れないで下さいね。
理想的な先生がいれば理想的で無い先生もいると思います。20年以上、病気と戦われたくさんの経験をされた事と思います。
質問者様の考えは決して変ではないです。
それが現実だと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hiy********さん

編集あり2006/4/2302:49:19

残念ですが変ではありません。

例えば厚生労働省は財政難のため
新たな難病(特定疾患)を認めず先送りにしています。
認めてしまうと難病研究費がかさみ負担が大きくなるためです。
皇太子があなたと同じ病気にかかったら
その病気を即刻認定し、研究させるでしょう。
国益になるからです。

製薬会社も医療機関も経営を維持する為に
儲けなければなりません。
研究も患者数が少ない病気は研究対象としての魅力は薄いでしょう。
志だけでは研究者も食べていけません。

そして癌とかアルツハイマー病とかなんやら聞いたこともない病気で苦しんでいる人たちが
今までの治療方が自分に効かなかったら
あなたと同じような心境になるでしょう。

健康であろうがなかろうが
自分の人生を切り開けるのは自分しかいないのです。

あなたの病気の治療方法を見つけると利益があるように世間に広めるなど
あなたの病気の研究で名を残そうとする研究者を増やすことはできるかもしれません。

nan********さん

2006/4/2302:20:13

医学も日々進歩しています・・・・
例え今完治が難しくてもいずれ完治出来る治療方法が見つかるでしょう・・・・

min********さん

2006/4/2301:55:56

どんな病気でも治そうと研究している人はいます。
どんな病気でも同じように研究の成果が出ればいいのでしょうが、
悲しいかな、必ずしも全員の研究者の努力が
実を結ぶわけではありません。

でも、忘れないでいてください。
日夜、少しでも早く病気が治ってほしいと
がんばって研究、開発しているかたがたの事を。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる