ここから本文です

中学3年生 退塾する4日前

ban********さん

2012/1/2423:45:46

中学3年生 退塾する4日前

いきなりこれからやるテキストを渡されました

もう塾をやめるのに
これはある意味ぼったくりと言うんじゃないでしょうか?

先生にいいました
返品します。

先生は入学のときにはらったテキスト代にすべてはいっています

さいきん塾をやめていったひとは
もらっていません

ここで矛盾が生じます

なぜ同じお金を払っているのに
その人だけもらわずお金を渡されたのでしょう

塾はやはり金が優先まあみんなそうでしょうけど

これは返品できないのでしょうか?
金に関わることなので引けません・・・
いま手元にありますが何も記入しておらず
新品状態です

あともし返品できるのであれば
先生にどういえばいいか何か専門用語などあると

つよくみえますねw


どうか回答お願いします

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
936
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ver********さん

編集あり2012/1/2501:57:00

結論からいえば、「テキストをもらっておかなければ損!」です。

授業料の形態は塾により異なりますが、質問者の文面を見る限り、入塾時に、中学生の間に使用するテキスト代を前払いする形式になっているようですね。
これは、「中学生の間に何冊テキストを配布しようと、別途テキスト代を徴収することはない」という趣旨です。
すなわち、仮にテキスト代を2万円払ったとして、3万円分のテキストを配布したとしても、差額の1万円を塾が新たに徴収することはないということです。

というのも、いちいちテキストを配布する度に代金を徴収しようとすると、その度に業務の量が増え、また経理が煩雑になります。そのため、最初にテキスト代を徴収するという形を採るのが合理的です。
もっとも、配布されるテキストの量や値段は年ごとに変化するため、事前に正確な金額を求めることは不可能です。そこで、過去の経験から必要と思われる金額を徴収するという形を採るのです。

もちろん、払ったテキスト代の価額以下のテキストしか配布されないということも理論的には考えられます。しかし、入塾の際の契約書に、「いかなる理由があろうとも、一度納入したテキスト代を返還しません」といったような文言があれば、これを承諾の上で入塾したのですから、返還を求めることはできません(殆どの場合、このような文言があるでしょう)。
こういう内容の契約も契約自由の原則から有効であり、公序良俗にも反しません。

途中で辞めていった人が、その後のテキストがもらえないのは当然です。テキストが配布されるのは、塾に在籍していることが(暗黙の)前提となっているからです。そして、支払い過ぎのテキスト代があったとしても、上記文言より返還を求めることはできません。

そして、あなたはたとえ4日後に辞めるとしても、テキスト配布時には在籍しているため、そのテキストをもらう権利があります。

そのため、あなたはその新しいテキストをもらっておかないと損です。

そのテキストを使って勉強するもよし、新品状態なのだから誰かに売るのもよし。
とはいえ、今年の4月からゆとり教育が終わって新しい指導要綱になるため、売るなら今のうちでしょう。

テキストを返品してもいいですが、上記文言より返金を求めることはできません。

なお、質問文の日本語はかなり変です。
○先生は入学のときにはらったテキスト代にすべてはいっています
→(例)先生は、「今渡したテキストの代金は、入学の時に払ったテキスト代にふくまれています」といっていました。
○塾はやはり金が優先まあみんなそうでしょうけど
→文節を省略しすぎている。
○読点(。)が、なぜか1回だけ使われている。
塾を辞めずに勉強を続けた方がいいかも知れません。

質問した人からのコメント

2012/1/31 19:37:13

どうもでぃーす

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

unt********さん

2012/1/2501:04:42

入塾した際の書類に、規約とか約款とかいうものが
あると思うので、それを確認してください。
おそらく、最初の料金に入塾後に配布するテキスト代は
含まれますよ、というような内容の一文があるはずです。
読んでいようがいまいが、契約している以上、書いてある
内容については承諾したものと見なされます。
読んでいなかったのであれば、それは読んでいない方が
悪いのです。

>なぜ同じお金を払っているのに
その人だけもらわずお金を渡されたのでしょう

まったく矛盾していません。
その人は、自分がやめた後に配布されるテキストが
もらえないことを承知でやめた、というだけのことです。

契約というものはそういうものです。
そのタイミングでやめるのは質問者さんの意志であり、
塾側がそれに便宜を図る必要は別にありません。
テキストがほしいならやめなければよいだけです。

非常に大切なことが学べたのではないでしょうか。
日常発生するあらゆる金銭のやり取りは、なんらかの
契約です。
その契約の内容をよく理解せずにいると、
今回のように損しますよ。
お金に関ることというのは、後から言ってもダメなんです。

fri********さん

2012/1/2500:02:57

これわ普通だと思う
塾で卒業試験しても可笑しくわないし
最初に皆お金払ってんだし早くやめたとか関係ない辞めた人わ辞めた人

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる