ここから本文です

基礎控除がないケースとは?

lov********さん

2012/2/110:37:05

基礎控除がないケースとは?

会社からもらった源泉徴収票の記載を自分でチェックしてみました。

「所得控除の額の合計額」は、通常、その下に記載されている、
保険などの控除額の合計から、基礎控除を引いたものと認識しています。
それらを引くと、基礎控除額が、760,000円となっています。

自分の場合、収入0の専業主婦の妻と、3歳児の扶養家族2人となりますが、
どうも、基礎控除は、3人でなく、2人で計算されているようですが、
基礎控除が計上されないケースとはどのような条件があるのでしょうか。

適用のところには、妻と子供の2人の名前が記載されています。

閲覧数:
783
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

boo********さん

2012/2/110:43:49

勘違いされている点が2つあるようです。

ひとつは、基礎控除の意味です。
基礎控除とは、納税者本人に対する所得控除ですので、
あなた自身のみが適用を受けることになります。
控除額は380,000円です。

次に、年少扶養親族の扶養控除廃止の件です。
子ども手当創設に伴い、16歳未満の扶養控除が廃止になりました。
これは23年分所得にかかる税金(23年分所得税、24年度分住民税)
から適用されています。
従って、あなたの税制上の所得控除の対象となる扶養者は奥様のみとなります。
控除額は配偶者控除の380,000円のみで、扶養控除は0円になります。

質問した人からのコメント

2012/2/1 10:53:23

さっそくのご回答ありがとうございます。
基礎控除と配偶者控除の意味が混同していたようですっきりしました。

また、子供手当てによって控除が廃止になったということで理解できました。

丁寧なご回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

koo********さん

2012/2/110:43:30

昨年から16歳未満の扶養控除がなくなっていますので、控除額はあなたの基礎控除と奥さんの配偶者控除で76万となりあっていますよ。
扶養控除はなくなっていても一応役所への届出のため、お子さんの名前も記入することになっています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる