ここから本文です

日本在住中国人と結婚したものです。彼の事は好きですが、彼の母国には二度と行き...

ume********さん

2012/2/115:30:48

日本在住中国人と結婚したものです。彼の事は好きですが、彼の母国には二度と行きたくありません。

結婚前に一度と、結婚式を中国で挙げたのでその時と二度彼の実家へ行きました。
その時の事がトラウマになり、もう二度と彼の実家(実家以外でも)中国には行きたくありません。彼の両親は、車に乗っている時、右の扉を少し開けてお母さんが汚い音とともに、痰を吐き、その後お父さんが左の扉を開けて同じ音とともに痰を吐き、ゴミも窓から投げ捨てます。親戚の農家の家に行ったときは川辺は見える範囲全てゴミ袋で埋まっていました。トイレは穴を掘っただけです。(彼の実家は水洗でした)毎日毎日無理やりご飯を食べさせられ水が異様な味がするので、ビールも何でできてるのか分からない異様な味でした。至る所で喧嘩があり、結婚式の時もウエディングケーキをうばいあうように食べに来たり、平気で待合室まで入ってきたり、
マナーも何もなく、子供も大人もとても汚かったです。彼の妹は最近日本に来たのですが、いつもお金の話ばかりですし、遠慮が全くなく、彼女に気持を伝えるためには、かなりはっきりとした物言いをしないといけないので遊びに来られるとストレスです。親戚の人は中国在住なのですが、日本ビザのために住所を日本に置いて置きたいから私達の住所に置かせてほしいと言われたり。彼らの考え方や態度や想像を絶する汚い空気や土地誰の事も信用できない国です。彼とは喧嘩が絶えなかったので、彼が傷つくのを承知で
あなたの国には二度と行きたくないとは伝えています。彼は私にもったいないほどいい人ですが、中国語を話しているとイライラします。
。国際結婚をされた方で同じような気持の方はいらっしゃいますでしょうか。

閲覧数:
3,653
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mam********さん

2012/2/115:53:48

都市部と地方の格差なんでしょうかね。
私が旅行で行った時は全くそんな感じでしたね。
トイレは穴も掘ってなかったです(^^;)一応、囲いはありましたけど。

あなたの考え方や生き方などをしっかり彼に伝えましょうね。
もし子供がまだ居ないなら彼が理解してくれるまで待った方が良いかもしれません。

知り合いの中国人たちは「ずっと日本で暮らしたい」と言っている人が多いです。
日本人と結婚している中国人がほとんどなんですけどね。
日本は良い国だと自信を持って日本で生きていきましょう。

質問した人からのコメント

2012/2/2 09:46:55

たくさんの御意見ありがとうございました。
お互いの考えを話し合って理解しあっていけるようにやっていこうと思います。
全ての意見が参考になりました。ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

iwi********さん

2012/2/123:22:18

お気持ちわかります。

ですが、わたしが気になるところは・・・将来的なことです。

将来的に彼のご両親も日本に住む予定なのでしょうか・・・。

長男ですよね?ということは向こうのご両親は孫の面倒も見るつもりもあると思います。

絶対に長男を手放したりしないはずです。

一緒に暮らすとなるとかなりきついと思います。

意見が食い違合えば、旦那さんは母親の肩をもつでしょう。
反論すれば、旦那さんは怒り狂いモラハラするでしょう。
姑さんも嘘泣きし、その時の話題でないことで、あなたを非難するでしょう。

まだお子様もいらっしゃらないのなら別のも道を考えた方がいいと思います。

いい人ぶるのはメンツが大事だからです。

田舎の中国人ならなおさら道徳は知りません。
もちろんモラハラという言葉も・・・。
マザコンとはどういうことなのかも。

全員が全員そうではないと思いますが、

経験上、中国人にいい人はいるのかと・・・。

kya********さん

2012/2/119:10:46

昔の日本と同じとか書いてる人が何人かいますけど、文明的にはそうかも知れませんが、民度は全然違います。

中国人の田舎の方は世界に類をみない民度です。

香港とかは臭いは臭くても人は優しかったりしますが、中国の田舎の方は同じ人とは思いにくいですね。

心中お察しします。
旦那さんとは仲良く出来て行けばいいですね。

fre********さん

編集あり2012/2/202:18:10

マナーは国によって違います。
そしてその環境は中国だから、というものでもありません。
旅行ではなく、他国で暮らした経験はありますか?
世界中で日本が特異なだけです。それを認識すべき。
先進国でさえ街も汚いし、タバコ、ゴミ・噛んだガムのぽい捨てなんてしょっちゅう。

日本人がズルズル音を立てて麺をすするのもフランス人の友人からすればあり得ないらしく、音を立てて食べてもマナー違反ではないと言ってもラーメンもパスタみたいにフォークで巻いて音立てずに食べますし。そっちの方が麺が伸びるし冷めるし作った人に失礼だと言っても、小さい頃から音を立てないことをマナーとして躾されてきた彼にとっては音を立てる・立てられるのはストレスなんでしょうね。

日本人同士でもマナーというのは育った家庭で大分変わりますよね。
お箸一つとっても家族で毎回違うのは許せない人とか。
足の裏まできちんと洗う人と洗わない人。
文化の違いってその違いが国単位になっただけです。
それを受け入れられるかどうかは個人で違う。その国に馴染むことが出来る(受け入れる)人といつまでたっても出来ない人、分かれます。

毎日お風呂に入れる、入る文化が昔からあったのも、
地震大国であり火山があり、温泉があり、水が豊富な土地だったから。
世界中探してもこんなに川がたくさんあり水に恵まれてる国はめずらしいでしょう。
水に恵まれていない国では毎日湯船にあれだけのお湯をためてお風呂に入ったり、水洗のトイレがあることの方が異常でしょう。むしろそういう国の方が多い。インフラが田舎の隅々まで行き渡ってる国なんてない。

私は主人の仕事の関係で中国に住んでいたことがあります。
住んでいたのは都会で日本人も多く住んでいる所だったけれどあなたのおっしゃられてることが目に浮かぶように分かります。都会でさえも。なので更に上回ることでしょう。他の方も言われているように、30~40年前の日本だな、と思い生活していました。蚕を食事に出されても勇気出して食べましたよ。おいしかった。

中国人にとってお金の話は挨拶と同じ。
大阪人の「儲かりまっかー」と同じ感覚。
遠慮がないのは他の国も同じ。はっきり物を言わないのは日本人だけでむしろその辺は世界中の人が理解できない所。

中国も今まさに発展していってる最中です。
今の日本の生活と中国を比べること自体が間違い。
昔の日本もこうだったんだろうなって思って見てみると感慨深いですよ。

日本って気を遣いすぎて疲れる、ストレスだっていう言葉もよく聞きます。
どういう考え方の人種が多いかによっても快適度って異なるんじゃないでしょうか。

中国語は私には最初からケンカしているようには聞こえませんでしたが、そう聞こえる人の方が多くいらっしゃるみたいで今でも不思議です。中国語をさわりだけでも習ってみたらいかがでしょう?発音などどうして自分がそう聞こえていたのか理解できるかもしれませんよ。
というか中国語と日本語ってあんまり変わらない、中国人と日本人同士はコミュニケーション出来ると思ってる西欧人が案外多いことにもびっくりでしたけどね。

あなた自身の考え方を変える、もしくは相手の文化を受け入れる気持ちが必要なのではと思います。日本中心に考えるのではなく、世界を見て日本を知る、ということが必要だと思います。
「井の中の蛙」な日本人が多いです。

でもどちらかというと私も潔癖な方(日本では普通)であなたの気持ちはよく解かります。私だったら友人まではアリだけど結婚まで出来るあなたはすごいな、と思いました。どんなにイケメンでお金持ちで性格が合っても、ベースの考え方・文化が違うことで国際結婚だけは無理です。

文化や考え方を受け入れるのも受け入れないのも個人の自由ですが、あなたは国際結婚をしているのでその辺は少し歩み依ってもいいのではないかと思います。私は歩み寄った方が人生楽しくなると思いますよ。そんな経験日本にいたら中々できないですからね^^

補足:
「民度が違う」との言葉を振りかざす程、民度がないものはありません。中国だからと言ってのける方達の一体どこに「民度」があるんでしょう。痰だって昔のオジサンよく吐いてましたよ。日本人が海外旅行にバンバン行くようになった時、和式トイレだった日本人は正しいトイレの使い方が分からない人が多かったり、テーブルマナーも知らなかったり・・「日本人出入り禁止」のレストランも結構多かったと親が言っていました。民度が違ったんでしょうか?某国の船長だって我先に逃げたりしてますよね。震災時に略奪もなく秩序立ち世界中から驚かれるという事は、私達には当たり前でも世界の人には当たり前ではない事だから。「中国人だから」民度が低いは誤り。全て文化・教育・経済発展の度合いの違い。あなたの旦那様も日本にいて普通なら、日本の文化やマナー、考え方に慣れただけ。

all********さん

編集あり2012/2/119:53:46

御主人には悪いですが、貴方は御主人の親類に利用されまくることになりますよ。
富裕層の家柄なら何の心配もありませんが、ご家族の状況から程遠いみたいですから、結婚もビザのために利用されたと割り切っていないと長続きはしないでしょうね。
選んだのは貴方ですから、頑張って下さい。
ちなみに、私はもうすぐフィリピンに移住します。
彼女の家族を向こうで養うことになりますが、それ位の覚悟がないと、国際結婚は、虚しいものになります。

kay********さん

2012/2/116:03:15

ふとご質問が目に留まりました。
私は昭和30年代生まれの日本人で、ずっと日本で暮らしています。

これまで何度か(7~8回かな)中国に旅行に行きました。パックツアーとかではなく、ごく普通の生活に触れる旅でもありました。
質問者さまのご両親やご家族のご様子、目に浮かぶようにわかります。中国人の友人知人もたくさんおります。

中国に旅行に行って、道路や溝、川などがゴミで埋まり、公共の場に痰を吐き、道路を飼い犬か野良犬かわからない犬がうろうろして、犬の糞があちこちにあり、クラクションが激しく鳴り、車も歩行者も交通マナーが悪い、などなど。

これらは今の日本では考えられないことで、ギャップを感じるものの、子どもの頃を思い出して懐かしさを感じました。そう、日本の昭和30~40年代にそっくりなのです。そして、昭和50年代、60年代には、田舎と郊外、都会で、いろいろなことが10年単位で変化していきました。都会が全部水洗トイレになったとき、郊外では一部汲み取り、一部家庭用浄化槽、田舎は汲み取り、それが、10年経つと、郊外が水洗化され、田舎に簡易浄化槽が導入されました。

中国語の仕組みは、アクセントよりも声調の高低で意味が変わり、日本語感覚ではケンカをしているように聞こえます。自己主張なのかアクションも大きめで、一挙一動がケンカをしているように見えます。また、日本でも昭和初期から中期はすぐに手が出るのが当たり前のような感じだったようです。ビールは常温で飲むのが当たり前の国なので、日本人はびっくりします。文化的には、たくさんのお食事を食べさせるのがおもてなしです。
私が子どもの頃は、日本でも「居候(いそうろう)」というのが身近におりました。親類縁者の家に住んで学校に行ったり仕事に行ったり、時にはぶらぶらしていたり。もともとの文化が似ているのか、本当に、以前の日本人にそっくりな行動だと思いました。

こういう回顧談は何の役にも立たないと思いますが、それほど育った環境が違う彼と、この日本で知り合い、惹かれあったのはすばらしいことだと思います。ご実家訪問体験では、質問者さまとはベースの文化が違うので、すべて不愉快に感じたのだと思います。
でも誰のせいでも、責任でもありません。もう忘れておきましょう。別にこれから先、ご実家に行かなくてもいいと思います。だって、結婚相手は彼ですもの。その他は考えなくていいことにしましょう。
彼と日本で幸せになることだけ考えてお暮しになって下さいね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる