援用時効の手続きをされた方(ローン、クレジットなど)に質問です。 時効が確定したあと信用情報は何かしら残っていましたか?完済や延滞解除など…聞いた話によると時効になると契約はなかっ

援用時効の手続きをされた方(ローン、クレジットなど)に質問です。 時効が確定したあと信用情報は何かしら残っていましたか?完済や延滞解除など…聞いた話によると時効になると契約はなかっ た物とみなされ何も残らず消えるとも聞きました。残っていた場合司法書士さんなどに依頼し消す事は出来るのでしょうか? そしてその後は普通にカーローンや住宅ローンは組めましたか? 経験された方や専門の方教えて下さい。中傷的な意見はいりません。

住宅ローン2,697閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

特段の決まりは無いので、通常通りであれば、 JICCは「延滞」だったものが「延滞解消」「完済」に変わり、延滞解消は1年で消え完済が残り4年記載される。 この場合、実入金が伴っていないので入金予定日が更新されないなどの矛盾が生じるので、貸倒処理があった事は他の業者がみれば容易に判断出来てしまいます。 CICには、貸倒という項目があるので「貸倒」が記載されそこから5年記載されます。 ただし、時効に対する取扱方法に決まりは無いので交渉の余地もありますし、交渉すれば抹消する事例も存在するのも事実です。 抹消するかの判断は金融業者ですので、交渉するときは情報機関ではなく直接金融業者にします。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2012/2/14 22:09

その他の回答(2件)

0

経験はありませんが、回答します。 消滅時効を援用しても、契約が元々無かったことになるわけではありません。 JICCでは1年間、延滞解消という事故情報が掲載され、その後完済に変わります。 CICCでは契約終了という情報が掲載されます。 いずれも時効を援用してから5年間の記録になります。 事実なので、誤った掲載ではありませんから、専門家に依頼しても消すことは不可能です。

0

時効になっても事故歴は残ります・・・・・・・・・・・・・ なのでくめません。