ここから本文です

フレキシブルプリント基板の配線が導通不良になった場合、上から塗って補修できる...

yon********さん

2012/2/918:29:15

フレキシブルプリント基板の配線が導通不良になった場合、上から塗って補修できる製品を探しています。
ボランティアでおもちゃの修理をしていますがフレキ基板の導通不良が多々あります。すべて預かり品なのでエナメ

ル線でのジャンプはしたくありません。他人が使っているのは見たことがあるのですが製品名がわかりません。確かUSA製だったと思うのですがご存知の方、教えてください。

閲覧数:
23,310
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

やっさんさん

2012/2/1010:15:20

基板屋です
パターン断線の補修には数種類の方法がありますが、フレキ基板の場合、折り曲げや可動部分に使われる場合は制限があります。
プロの基板屋が補修に使用する場合、ボンディング(ウェルダー・・銅箔パターンの溶接)をします。これはきちんと溶接をすれば10年でも持つ方法ですが、専用のマイクロ溶接機が必要となります。

一般には
1.ドータイト(商品名)・・導電性の塗料を塗る
2.導電性接着剤の付いた銅箔テープやアルミテープ(寺岡製作所製)を張ってつなぐ
3.銅ペーストやカーボンペーストを塗布
等などの方法があります。

1.2はどちらかと言うとシールド効果を高めるためや静電気対策の多く使われます。電気抵抗はほぼゼロです。
3.は塗布後、約150度の温度で10~20分加熱して溶剤を飛ばしぺーストに含まれる銅、カーボンを固着させなければいけません。折り曲げにも弱いです。

お話の内容からすると「導電テープを細く切り張り付けた後経年変化しにくい透明テープで固定」する方法が一番良いのかなと思います。簡単に補修できると言う事は裏を返せば簡単にまた壊れるにも通じます。

しかし補修後の安定度はやはりジャンパー線の半田付けです。これは部品実装後の基板での回路変更などでプロでも使います。折り曲げ部分でも固定部でも問題無いはずです。
ジャンパー専用線(0.3ミリ錫メッキ線、被覆あり)での半田修理をお勧めします。

実は先日も孫娘の壊れたおもちゃを直しました。最近のおもちゃはLEDや電子回路が結構入っていて、しかも簡単なプラスチック成型品)・・・C国製が多く、強度もないので簡単に壊れます。強度もなにもあったものではありません。
分解、ケースの補修、電子部品の半田付け等々修理にはけっこう手間もかかるし専門的な知識も必要です。
最近、孫限定のつもりが、隣近所の子供たちからの持ち込みも増えました。しかし「治ったよ」と、手渡しした時の「笑顔」がうれしくて苦労も飛んでしまいます。

質問した人からのコメント

2012/2/12 09:18:57

降参 詳しい回答ありがとうございます。早速アキバに出向き千石電商でタカチの導電性銅箔テープを見つけました。「導電性接着剤を使用」と表記してあります。13mm×2mで800円程度と手頃な値段でした。試用したところ作業も簡単で電気抵抗はほぼ0でした。ドータイトは入り量も多く価格も高目ですので修理代をもらえないボランティア活動としては安価なテープを使ってみます。いずれジャンパ線のハンダ付けにも挑戦したいと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる