【アンケート】「赤」と「青」は、どっちが「良い」、どっちが「悪い」というイメージがありますか?

【アンケート】「赤」と「青」は、どっちが「良い」、どっちが「悪い」というイメージがありますか? プレゼンテーションで、長所・短所に色を付けて強調したのですが、 「貴方の色感覚、逆では?」と指摘されました。 みなさんの場合、長所は何色で 短所には何色を利用しますか? ※先入観への懸念より、私がどちらに何色を利用したかは伏せておきます。 ※カテゴリがいまいちわからないので、間違っていたら申し訳ないです。

画像
補足

回答してくれる人へ! 他者の回答、補足を見る前に回答していただけると幸いです . . . . . . . . 以下、途中結果 ------------------------------ 回答者8人 . 青:長所、赤:短所=5人 赤:長所、青:短所=3人 . と拮抗>< もう少し増えてくれるor偏りが出てくれるといいですけどね... 因みに私は、青が長所 派です。 >>aikawaichiさん このまま偏りがなければ、たまたまということなんでしょうね>< >>face383さん たしかに、緑にするという手もありますね!

一般教養6,721閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

青と赤というのが、解りずらくしている。 緑と赤なら、緑が正のイメージで、赤が負のイメージになると思います。 青と赤なら・・・・やはり・・・・青が長所でしょうか。 ・・・・・・・・・・ 補足 私のイメージの元のなっているのはaikawaichiさん も言われてますが、 操作盤や計器のパイロットランプやシグナルです。 青⇒正常、赤⇒異常・非常停止 青色LEDが普及する前はパイロットランプは緑と赤が多く使われていました。

その他の回答(9件)

0

長所短所の両方に色をつけるということは、その「違い」が強調したいことなのだと推測します。(商品や企画のプレゼンではないのでしょう) 従って、違う色を使うことだけで強調する目的が達成できるので、色のイメージにこだわらず、無作為に選びます。 つまり、色のイメージが、このプレゼンに与える影響はないと考えています。

1

回答者さんの割合に少し驚いています。 自分のイメージは、青⇒長所、赤⇒短所、です。 恐らく機械の作動ランプなどの、青⇒正常、赤⇒異常・非常停止 という経験的なところからの発想だと思います。 (信号にせよ、赤は一番目立つ、目を引き付けるから危険の警告に 使われているのだと思いますが。) 回答者さんの割合が拮抗しているということは、 人のイメージはやはり人それぞれということでしょうか。 akg_banishさん と指摘なさった方のイメージが たまたま違っていただけ、ってこともいえそうですね。 青だって、気持ちがブルーになる・・、 なんてマイナス的な使い方もしますし。

1人がナイス!しています

0

赤は赤信号や絶滅危惧種のレッドデーターなど「警告」「禁止」などイメージがあるのに対して、青は青信号や青い鳥など「希望」「冷静」というイメージがあるため、赤が短所、青が長所だと思いますよ

0

赤が短所。青が長所 赤は人を興奮させると言われ 青は沈静すると言われてるので