ここから本文です

税理士資格取得について

shu********さん

2012/2/1213:54:33

税理士資格取得について

「税理士となる資格を有する者」としては、税理士試験に合格し2年以上の実務経験を持つ者、23年以上税務署に勤務した国税従事者(いわゆる税務署職員天下りとしての資格)、公認会計士、弁護士があり、税理士名簿への登録を受けることによって「税理士」となり、税務をおこなうことができる(同法3条1項)。(Wikipediaより引用)

以上の表記を見かけたのですが
これはつまり公認会計士の資格を取れば公認会計士と税理士の両方になれるという意味ですか?

もしそうでしたら、みなさんどうして公認会計士の資格と税理士の資格を迷うのですか?


それと以前税理士の資格をとれば簿記1級の資格をもらえると聞いたのですがデマでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
459
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nik********さん

2012/2/1215:01:15

公認会計士の資格を取れば公認会計士と税理士の両方になれるという意味ですか?→そうです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hom********さん

2012/2/1303:04:17

公認会計士が税理士業務を行う場合は税理士登録が必要です。
登録して初めて「税理士」のライセンスを持つこととなるので自動付与とは異なります。

ちなみに弁護士は弁護士資格で税理士業務が行えます。。。つまり弁護士は税理士登録しなくても税理士業務が出来るのです(但し税理士は名乗れません)。
ただ、登録しようと思えば税理士登録することは可能ですし、珍しいことではありません(自民党の谷垣総裁は弁護士・税理士です)。

reg********さん

2012/2/1215:43:04

少し長くなります。

まず1つ目。
公認会計士の資格を取得すると、税理士になれます。
ただ、会計士資格も税理士資格も、資格の維持には会費を納付しなければならないため、会計士資格を以って税理士資格を取得する場合は、両方の会費を納付する必要があります。

次に2つ目。
会計士試験と税理士試験の、試験の性格が異なります。
税理士試験の勉強は、会社に勤めながらゆっくり時間をかけて行うものです。会計士試験に比べて試験の難易度が高いですが、時間をかければ必ず受かります。
一方、会計士試験の勉強は、1〜2年程度のまとまった期間が必要になります。通常、仕事はできません。学生なら会計士試験を受験すべきですが、社会人では相当なプレッシャーと戦わなければなりません。
詳しい受験内容は受験案内を見てもらえればわかりますが、180度性格の異なる試験のために、悩む方が多いのです。
また、税理士として働くことが確定している場合は、税理士試験に合格した人のほうが、税理士法人・税理士事務所の就職採用の際に有利に働くらしいです。

最後に3つ目。
デマです。
当然、会計士の資格を取得しても、日商簿記一級は取得できません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる