抗がん剤と放射線治療の違い。長所と短所を教えて下さい。

抗がん剤と放射線治療の違い。長所と短所を教えて下さい。

病気、症状34,813閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2

とても、マスにはおさまりませんので、簡単に言います。 癌に対して、局所療法=手術、放射線があり、全身療法=ホルモン、化学、免役、抗体療法があります。それらをまとめて、集学的治療と呼んでいます。その中の、化学療法は、薬剤を使用して直接的にがん細胞を死滅させる治療なのです。 化学療法の、一番の目的は、治癒です。そして→症状の緩和、自分らしく生きる為の質の向上、延命→癌の縮小が、得られる点です。最悪、急死あります。副作用で死ぬこともあります。寿命が余計に縮むこともあります。 放射線は、細胞の遺伝子(DNA)に傷を付けるが、細胞はそれに反応してDNA修復を行う。つまり、私達の体の中では常に活性酸素により多くのDNA損傷は起きているが、ほとんどは修復されています。癌細胞ではDNA修復能が、不十分であり、それをうまく利用して、癌細胞のみに細胞死を誘導するのが放射線照射です。もちろん、有害事象はあり、しばらく続きます。例えば、唾液腺障害や、脱毛、3ヶ月くらいまでは、放射線肺臓炎、リンパ浮腫、照射部位の色素沈着等、極めつけは、未知の晩期有害事象として、二次癌です。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました

お礼日時:2012/2/21 16:04