ここから本文です

内部エネルギーが一定となる理由について

hde********さん

2012/2/2001:03:32

内部エネルギーが一定となる理由について

それぞれ0.2m^3 , 0.4m^3の容積を持つ容器A,Bをコックの付いた細管でつなぎ、Aには300K、3×10^3Paの気体をBには450K、
1.5×10^3Pa気体を入れる。
コックを開いて全体の状態が一様になったときの温度と圧力を求めよ。ただし、容器と周囲との熱のやりとりや細管の体積を無視する。

の問題の解答で

容器A,B内のそれぞれの気体がn1,n2あるとし、気体定数をRとすると
内部エネルギーは一定に保たれるから
3/2n1R×300+3/2n2R×450=3/2(n1+n2)RT

とあったのですがなぜ内部エネルギーは一定に保たれるのですか?
つまり⊿U=0となる理由がわからないわけです
⊿U=Q+Wが成り立つ事と周囲との熱のやりとりは無視できるという事なので
Q=0なのはわかるのですがW=0になる理由がいまいちわからないです。

閲覧数:
138
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kur********さん

2012/2/2002:24:13

全体の体積は変わりません。

したがって、全体としての仕事はしません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる