ここから本文です

エンジン逆火の現象は空気混合が不十分で正しい場所で点火されていないところまで...

pirotto3005さん

2012/2/2122:56:10

エンジン逆火の現象は空気混合が不十分で正しい場所で点火されていないところまで理解できたのですが、
この理解で正しいのか、またその原因は、車に逆火ができるとどのような状態に陥るのかどなたか

教えて頂けないでしょうか。

閲覧数:
1,554
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

risoru_edenさん

2012/2/2213:11:34

逆火ってバックファイアーのこと?
一般的に逆火っていうとバックファイアーと思いますが、

>空気混合が不十分で正しい場所で点火されていないところ
からすると、アフターファイアーを言っているのだと思います。
アフターファイアーだとすると、混合気のセッティングが正しく出来ていない場合に起こります。理解どおりでかまいません。
濃かったり薄かったりして、シリンダー内で燃焼せずマフラー内で燃焼するために「パン」といった音がしたり、程度によってはマフラーエンドから火が見えたりしますね。
程度にもよりますがアフターファイアー発生したからといってすぐに何かが壊れるといったことはありません。ただ、あまりにも症状が大きい場合はマフラーにダメージが発生するかもしれません。

ちなみに、バックファイアーはバルブタイミングや点火時期の変更や狂いが原因で起こります。バックファイアーは発生するべきではありません。最悪車両火災の可能性もあります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2012/2/2302:10:24

プラグの失火も原因では?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。