ここから本文です

確定申告•市民税•県民税申告の際に、短期で辞めてしまったアルバイトでも源泉徴収...

sta********さん

2012/2/2215:09:57

確定申告•市民税•県民税申告の際に、短期で辞めてしまったアルバイトでも源泉徴収票は必要ですか?

先日”平成24年度の市民税•県民税申告書”が届きました。
源泉徴収票があれば添付と書いてあったのですが、
昨年は四カ所ほどアルバイト先を変えていて、
源泉徴収票があるのは一件だけです。

自分なりに調べたところ、
•収入が低ければ源泉徴収票は必要ない
•短期間アルバイトの場合、源泉徴収票がでない などの回答をみました。
逆に
•源泉徴収票は義務だから必ずもらえる
•収入が低くても関係なしに申告の際は必要 などの回答もみました。

きっと状況によりどれも正しいのだとは思いますが、
調べれば調べるほどわからなくなってしまったので、
お知恵を貸して下さい。

一件目 勤務日数1ヶ月 収入約12万
二件目 勤務日数1ヶ月(短期アルバイト) 収入約20万
三件目 勤務日数6ヶ月 収入約78万(源泉徴収票手元に有り、年末調整未)
四件目 勤務日数3日(日雇い) 収入約3万

以上が昨年の収入額、
以下が質問です。

①源泉徴収票はすべて必要になりますか?
②確定申告と市民税•県民税申告は別々のモノになるのでしょうか?
③その場合源泉徴収票は各2枚づつ必要ということになるのでしょうか?

よろしくお願いします。

閲覧数:
1,627
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yea********さん

2012/2/2215:39:34

start110807さん1
①源泉徴収票はすべて必要になります。
従って、他の3件分も勤務先に言って源泉徴収票をもらってください。
②確定申告と市民税•県民税申告は別々ですが、税務署に行って確定申告すれば
わざわざ市役所に行って市県民税の申告はしなくて良いです。
そこには税務署から確定申告のデータが送信されますから。
従って、税務署への確定申告だけでよく、
先日届いた平成24年度の市民税•県民税申告書は不要破棄になります。
ちなみに、税務署の確定申告書は
その書類とは様式も用紙も異なりますから、
それを兼用することは残念ながらできませんよ。
税務署に行くと、その確定申告書の用紙は有りますから、
それに源泉徴収票を添付して作成の上提出します。
③その場合源泉徴収票は各1枚づつ必要と言うことになります。

質問した人からのコメント

2012/2/24 11:01:58

3件とも送ってもらうよう手配しました!お二方とも回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yon********さん

2012/2/2215:16:48

(1)すべて必要です。

(2)確定申告をすれば、その結果が市役所に行きます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる