ここから本文です

伊豆半島で「漁業権が設定されておらず」自由に素潜り(スノーケリング、スキンダ...

catsforestさん

2012/2/2319:14:24

伊豆半島で「漁業権が設定されておらず」自由に素潜り(スノーケリング、スキンダイビング)が出来る場所をご存知の方、教えて下さい。

沿岸のダイビングサービス(真鶴~川奈~熱川~中木~雲見~安良里~土肥~井田~大瀬崎~獅子浜)は殆ど回りましたので、それら(有料施設)が設定する限定海域以外でお願いします。また漁業権が設定されていないと「思われるではなく」、斯く斯く然々こういう状況なので漁業権は設定されていない…という「出典付きの回答を希望」します。

補足みなさんへ>

海は誰のものでもない、という理屈は現地では通用しません。海岸の利用が可能な場所には、殆どの場所に人が住んでおり、海岸を利用する際には、その場所で生きとしいける人たちのお世話になったり、迷惑をかけたりするのです。
僕は3年ほど前に伊豆に引っ越してきた原住民です。こういうことは案外他所から来た方が偶然見つけている可能性もあると思い、お礼も付けて質問させて頂いております。

閲覧数:
62,249
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

海之介さん

2012/2/2407:55:00

ずいぶん伊豆半島を潜って、よくご存知ですね。基本的に伊豆半島では、開放ダイビングエリア及び指定海水浴場以外での入水は、困難と考えてください。ましてやウエットスーツを含む潜水用品を使用しての素潜りは、100%注意されます。気性の荒い地域なので、十分ご注意下さい。何も採っていなくても、残念ですが怪しいと思われるのでしょうね。せっかく遊びにきての楽しさも半減するので控えましょう。唯一、ウエット使用しての可能海域は、真鶴半島南側「宮手堀」地区と南伊豆弓ヶ浜奥の「逢の浜」、南伊豆海の入り口「吉田」程度と思います。弓ヶ浜以外は、海岸に慣れていないと道が複雑で到達も大変かもしれません。以下は僕の知恵ノートの文面です。参考にしてください。

●素潜りで魚貝類を採ったら摘発される!?
実は、ダイバー、及びスノーケリング、素潜りなどマスク(水中メガネ)やゴーグル使用しての海洋動植物の採取はほとんどの都道府県で捕獲を規制しています。つまり取ってはいけません!
特に平成23年度においては、都道府県(海面)漁業調整規則の強化が図られ、ダイバーや素潜り、一般者の指定漁具漁法の違反者、潮干狩りの違反漁具使用者までも書類送検するという強固な姿勢が見受けられました。

以前から、この知恵袋のダイビングコーナーにおいて、一部の回答者から「法的根拠は皆無であり、自由に採取しても大丈夫」などの大変無責任で、残念な意見が幾度も回答されていました。決してそんなことはありませんよ。条令違反で摘発され、態度如何によっては、検挙される場合がありますよ!水産庁、各都道府県条令、漁協組合各支所の条令は厳守してください。そしてダイビングをマリンスポーツとして愛好し、かつ「ルール」と「マナー」が守れるマリンスポーツマンになってくださいね。

以下は、参考情報です。
■じょれん(熊手に籠付漁具)使用の摘発実例(2011年度は95件書類送検)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120203-00000009-mai-soci
■水産庁の都道府県遊魚の一覧表
http://www.jfa.maff.go.jp/j/yugyo/y_kisei/kisoku/todo_huken/index.h...
■水産庁HP一部文章、そのまま抜粋(都道府県漁業調整規則)
例えば、「やす」、「徒手採捕」は一覧表にあるので使用できますが、「潜水器(簡易潜水器を含む)」や「水中銃」は一覧表にはないので使えません。
そのため、「潜水器(簡易潜水器)」を使い「やす」や「徒手採捕」で水産動植物を採捕することはできません。 (水中めがねも駄目ということです)
☆ また、この一覧表で使用可能となっている漁具・漁法であっても、使用できる海域、漁具の大きさや個数等、さらに制限されている場合があります。(特に、まき餌釣りや灯火の利用等については注意が必要です。) 必ず、都道府県の水産担当部局に詳細を確認するようにしてください。以上、抜粋文。
■我々がよく利用している伊豆半島の海域も静岡県漁業組合連合の管轄化に属して、全てのエリアで規制をしています。ご注意下さい。
http://www.jf-net.ne.jp/sogyoren/leisure_manners.html

質問した人からのコメント

2012/2/26 17:16:29

divinglog2000さん>

丁寧な回答、ありがとうございました。具体的な非設定地区の情報は貴重ですので、ベストアンサーに選ばせて頂きました

j_depp_jpさん>

はじめは他人の中傷、そして建前論が破れたらイタズラ投稿、挙句は罵倒ですか?
無間地獄に堕ちますよ…

その他、回答をお寄せいただいた皆さんへ>

正論必ずしも正しからず。漁業権という具体的なテーマをお示ししたにも関わらず、テーマに沿った回答が少なく、残念です。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2012/2/2615:01:53

>>瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず・・・ずいぶんと難しい言葉ですねぇ~?!

携帯に女の子からメールなんぞ来ようものなら、奥方から「アンタ、浮気でもしてんじゃないの?(--〆)」とあらぬ疑いを掛けられる。だったら、最初からアドなんか教えちゃいけないよ!って意味ですよね?!

最近、“コンプライアンス”の徹底を推し進める企業が多くあるそうです。法令遵守のみならず、社会的規範、企業倫理、就業規則といった内規も含め、違反者には非常に厳しく処罰する風潮があるようです。

一見、「すばらしい!」とも思えるようですが弊害も・・・。

ある男性幹部社員が部下の女性社員に年賀状を送ろうと住所を尋ねたそうです。聞かれた女性社員は、「住所は個人情報です、強要するのはセクハラだ!」と人事部に訴えたそうです。その会社では、社員同士の年賀状のやりとりが禁止となったそうです。

また、ある上司は部下である男性社員が“最近元気がない”と感じ、励ますつもりで飲みに連れ出したそうです。励ますつもりがさらに落ち込んでしまい、その部下は会社を辞めてしまいました。それ以降、その会社では親睦会なども含め社員同士での飲み会を一切禁止としたそうです。

人事部としては、リスクを負いたくない。万が一、個別に対応して許可をしたことが後々問題となり、責任を問われることを恐れているわけです。臭いモノには蓋をしろ、面倒くさいことはすべて“禁止”としたほうが面倒がなく、人事部にとっては都合が良いわけです。まさに、“瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず”ですな・・・。

昨年の出来事です。ダイビングが終わり、ボートで港へ帰るところでした。途中、ウェットスーツ姿の3人の大学生くらいの若者が手にヤスを持ち、岩場で磯遊びを楽しんでいました。

私らのボートを操船していた漁師さん、それを見つけたとたん、血相を変え無線で漁協へ連絡を入れました。間もなく漁協関係者とパトカーが到着、そのボートも現場へ向かい陸と海からその若者たちを追い詰めました。

しばらくして、そのとき駆けつけた警察官がたまたまダイビング・サービスの休憩所でお茶を飲みながら休んでいました。興味本位から、「さっきの若者たち、どうなりました?」と尋ねたところ、「別に彼ら悪いことしてないからねぇ~、ただここは漁師町じゃない?!漁協から通報があれば、動かないわけにもいかないからさぁ~・・・。」と困惑顔、“やれやれ”といった感じです。

警察としても、なんら法に違反する行為がなければ取り締まることは出来ない。かといって、「密漁の疑いがある」と漁師から通報を受ければ動かざるを得ない・・・。警察も板挟みって感じです。

ふと、さっきのヒステリックな女性社員とその漁師がカブってしまいました・・・。“住所を聞く”=“セクハラだ!”、“ウェットスーツで海に入る”=“密漁だ!”、やっぱ、これっておかしいですよ。

コンプライアンス=法令遵守は、社会人として守るべき当然の姿です。ただ、行き過ぎた解釈のもとに、誤った運用をされるとしたら本末転倒です。

本来、法は“権利を守るため”にもあるわけです。不法に権利を侵されたら、当然に権利を主張し、内容如何によってはその行為に対し処罰を求める場合もあるでしょう。それは漁師であれ、ダイバーであれ、まったく一緒です。

その若者たちは、本当に警察に突き出されるような悪さをしたのでしょうか???
少なくとも、私はその若者たちを見て「せっかく楽しそうに遊んでたのに可哀そうだな・・・。」と思いました。

その海では、ウェットスーツを着てヤスで魚を突くことを禁止とする法はありません。逆の見方をすれば、その3人の若者たちは法で規制されない(逆を返せば、法で認められた)権利をおかしな言いがかりで侵されたとは考えられませんか?

まぁ~、そんな私も変に波風が立たぬよう、女の子からのメールはカミさんにバレないうちに極力消去しちゃいますが・・・。

やっぱ、これも「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」ですかねぇ~?♪(^^)

oyajiさん

編集あり2012/2/2608:18:00

お前は一体何が言いたのだ?

漁業権の場所ごとの設定状況が知りたいのなら、県の水産課に問い合わせれば魚介類の種別ごとの地図を見せてくれる
それ位の知恵もないのか?

プロフィール画像

カテゴリマスター

凡人潜人さん

編集あり2012/2/2616:31:13

先ず、自由に素潜り(スノーケリング、スキンダイビング)を楽しむだけなら漁業権と何の関係もありません。
自然の海岸線のあるところなら好きなところで楽しめます。
もちろん漁師さんの仕事の直接的な妨げになれば「あっちへ行け!」ってことになる可能性はありますが。
ただ、「遊泳禁止」の立て札があるところでは警察や自治体職員などの注意を受ける可能性は有りますが、漁業者に言われることはありません。

もしも、素潜りで手ヤスを用いた魚突きをされるのなら各自治体が定めた条例・規則を遵守する必要があります。
下記に拠ると、静岡県では水中眼鏡禁止というちょっと不思議な但し書きが有るので、他の都道府県のように普通のスノーケリングの装備で魚を突いて獲る行為が条例違反に問われる可能性があります。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/yugyo/y_kisei/kisoku/todo_huken/index.h...

私は関西人なので、その件に関して自治体に問い合わせまでする気持ちにはなれませんが、当事者の方は確かめられた方がいいと思います。
日本国内の海岸線で漁業権が設定されて居ないところは原発や空港周辺などごく一部で、殆どの海域には漁業権はあります。
しかし、それは遊漁者を自由に排除する権利が漁業者に有るということではなく、自治体が定めた条例・規則に則って遊漁を楽しむ権利は誰にもあります。
もちろん、釣り人も含めて、遊びで魚を獲る人たちは漁業者や地元の人たちと良好な関係を築く心がけは忘れてはならないと思います。

また、言われるまでのことではないとは思いますが、素潜りで魚類以外(サザエ・アワビ・トコブシ・イセエビ等など)を採取することは全ての自治体で認められて居ないはずです。魚突きであっても水中銃はダメですし、ヤスでも使用不可の種類も有ります。

それと、よく「ウェットスーツ、特に黒ずくめで潜ってると必ず密漁者とみなされて漁師に怒鳴り込まれる。」って言われますが、条例や規則でウェットスーツ着用禁止なんてどこの自治体にもありません。
確かに誤解を受けることは少なくないのが現実ですが、海パン姿でもアワビやサザエを獲っていれば立派な密漁者です。
まして、黒ずくめの素潜り集団が海岸や磯場に居れば、「アワビやサザエを獲ってるんじゃないか?」って思われるのも無理は無く、質問者さんの仰る有料施設が設定する限定海域以外では、残念ながら誤解による摩擦は避けられません。
もしも質問者さんが漁師だったらやはり確かめずにはいられないでしょう?

有料施設が設定する限定海域以外でお金を掛けずに素潜りを楽しむ為にはそれは致し方有りません。
尋ねられても後ろめたいことが無ければ毅然と(紳士的に)対応すれば良いだけのこと、咎められることはありません。

最後に、現地サービスに申し込んでスクーバやスキンダイビングを楽しむということは施設利用料や漁業協力金等の費用が発生しますが、それは単に案内、シャワーやトイレ等が利用出来るから、というだけでなく、万一の際の救援態勢を確保するということに他なりません。
現地サービスは地元の漁協とも密接に繋がっていますから事故発生時には漁師さんたちの助けを借りて捜索・救援に当たることになります。
私自身は、決められたゲレンデ以外の好きなところで潜る(スクーバ・スキン双方)楽しみ方を日本人ももっと自由に進めても構わないと思っています。
国内でも昔はそうでした。
ただ、スキーだって整備されたゲレンデよりも何も無い山の中で滑る方がリスクが高いわけで、それは海でも同じだと思います。

補足です。
j_depp_jpさん、ま、ここは冷静に。(笑)
伊豆の海が汚くて潜ってる人はアホだなんて、それでは日本のダイバーの半数を敵に回してしまいます。(笑)

divinglog2000さん、
>「ダイバー、及びスノーケリング、素潜りなどマスク(水中メガネ)やゴーグル使用しての海洋動植物の採取はほとんどの都道府県で捕獲を規制しています。つまり取ってはいけません!」

それって、「車の運転は法律で規制されています。つまり誰も運転してはいけません。」って言ってるのと同じことじゃないですか。
海洋動植物の採取が規制されているからこそ、その規制の範囲内で楽しむことは許されているんですよ。

フィッシュウォッチャーだけがナチュラリストと勘違いされてませんか?ルールを守る突き人も立派なスポーツマンですが・・。
バードウォッチャーが善人でハンターは悪人ですか?
釣り人は自然破壊者でしょうか?
まぁ、私も要らない外道や稚魚などを岸壁に投げ捨てているバカ釣り人は海に蹴り込みたくなりますけどネ。(笑)

誰かがウェット着て素潜りしてるだけで怒鳴り散らすバカ漁師は確かに(ごく一部に)居ます。でも、だからと言ってスノーケラーやルールを守る突き人たちが好きな場所で楽しむことを遠慮しなきゃいけないなんて、そんなバカな理屈がありますか。

mactec8587さん、深いねぇ。笑

r13********さん

編集あり2012/2/2417:20:07

質問者様は、素潜りでアワビやイセエビを採りたいのですか?だとすると、伊豆では無理だと思います。
素潜りだけなら特に問題無いと思うのですが、黒っぽいウェットスーツを着用していると密漁者と思われ、すぐに漁協の人達が駆けつけてくるので注意してください。

出典:静岡県経済産業部水産資源課
1.共同漁業権は、一定地域の漁民が一定の水面を共同に利用し、免許で定められた漁業を営む権利です。県内では、遠州灘の一部を除き、沿岸全域に設定されており、それぞれの地先を管轄する漁業協同組合に免許されています。
http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-430/untitled.html

<補足を受けて>
アホとかバカ漁師とか穏やかじゃないですね。春の海のように穏やかにいきましょう。

質問者様は3年前から伊豆在住とのことで、地元新聞の報道などで密漁者逮捕のニュースをちらほら見かけているかと思います。
最近は不況の影響か、地元や近県の人間がアワビやサザエ、イセエビなどを密漁して飲食店へ持ち込むケースが増えているようです。そのため、漁船が海上から沿岸を監視し、密漁者らしき人影を発見すると、漁協の車が現場へ駆け付け、密漁を確認すると警察を呼ぶ体制が出来上がっています。

近海漁業は育てる魚業なので、各漁協は時間とお金をかけて育てた稚貝や稚魚を放流しています。
そのため、生活がかかっている漁師からすれば密漁者は勿論、遊び半分で採ったりするダイバーもいい迷惑です。

前科のある密漁者は、海沿いの道路が近い場所を避けて、岬の先端から潜ったり、海に面したゴルフ場やホテルの敷地に忍び込んでそこから潜ったりと手段が巧妙化しているようで、各漁協も相当カリカリしているようです。

このような伊豆の海ですので、疑われるような場所でわざわざ潜らないほうが良いですよ。
瓜田に履を納れず、李下に冠を正さずですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる