ここから本文です

H23年11月に新築した住居を未入居のまま(新築)、賃貸に出しています。 現在...

ls_********さん

2012/2/2322:57:36

H23年11月に新築した住居を未入居のまま(新築)、賃貸に出しています。 現在まで借り手が見つかっていませんが、 この様な場合でも確定申告にて不動産所得△により他の所得との通算は可能でしょうか

サラリーマンです。 自分の住まいとして売買契約した住居ですが、完成前に転勤になりました。 土地代金は6月に売主に支払い、建物代金は11月に売主に支払っています。 住宅ローンを6月から返済しております。 住宅ローン減税は諦めるとしても、損益通算により還付されるのでは?と期待しております。 お分かりの方、詳しい方 当方素人ですが教えていただけませんか。

閲覧数:
554
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bok********さん

2012/2/2823:38:55

きちんと開業届を提出し、今後も借り手を募集し続けるのであれば
可能でしょうね。

不動産所得に関する経費は、借り手がいない期間に関しても、募集を
出し続けており、結果として借り手が現れなかったということであれば
必要経費として認められますので住宅ローンの利息や建物部分の減価
償却費、固定資産税など計上できます。
ただ土地部分に関する利子は赤字に計上出来ないなどの制約もあります
ので計算にはご注意ください。

質問した人からのコメント

2012/3/1 22:37:45

成功 有難うございました。 税務署に出向き確認したところ、同じような回答を得ました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yea********さん

2012/2/2409:42:12

ls_this_loveさんq10
現在まで借り手がいないのに
なぜ不動産所得がマイナスなのですか。
元々不動産所得はあなたの場合は存在しません。
給与所得だけです。損益通算もありません。
あなたに妻や親が居れば、借り手が見つかるまでの間、
入居してもらって、一旦は住民票をその新築した所に移住すると良いでしょう。
そうすると住宅ローン控除が受けられます。
それが受けられないのは、もったいないですよ。
入居した年から10年間借り手が現れるまではその控除が受けられますね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる