弦楽器(ヴァイオリン)の調整、毛替え、弦の交換について。

楽器全般3,985閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二方ともありがとうございました。どちらの回答も大変ためになりましたので、BAは先にお答え下さったmira様にさせて頂きます。 fintfiolinist様、その節はありがとうございました。お陰様で無事解決しました。その頃慌ただしくしておりBA、お礼をできなかったことをお詫び申し上げます。

お礼日時:2012/2/29 20:19

その他の回答(1件)

0

mira_00_00さんの補足になります。 普通は「全部の弦を一度に外さず、一本ずつ張り替えて」行くのですが、弦を全部外して魂柱が動いてしまう様なら、魂柱が緩すぎるのが普通です。フィッティングを全部外して一週間ほど放置すると、楽器が良く鳴る様になる傾向があります。が、リスクを負う必要はないので、「全部の弦を一度に外さず、一本ずつ張り替えて」下さい。 弦の張り替えは、ガット弦で1週間前、ナイロン弦だと4日見ておけば良いでしょう。ガット弦は使わないでしょうけど、弦の張り替えは本番1週間前、というのは硬い線です。 ピラストロのオブリガートを使っている場合、一度緩めた弦を張り直すと、なぜか冴えない音になってしまいます。 毛替えは少なくとも3日前、出来ればやはり1週間前までが良いでしょう。毛替え直後は毛が乾いていても少しザラザラした音がします。このザラザラした音が好きな人も稀にいます。 良心的な工房なら、何にも言わなくても、奏者にとって良かれと思って、見ておいてくれます。よい工房を見つけるのが難しいと思います。 良い工房は忙しいので、本番1ヶ月位前に連絡して、 「何月何日に本番があるのですが、楽器を見て下さい。就いては、何時行けばよいですか?」 と問い合わせたら完璧です。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1379124353 これは、解決しましたか?