郵便料金計器の価格帯について 事務所に郵便料金計器の導入を検討しています。

郵便料金計器の価格帯について 事務所に郵便料金計器の導入を検討しています。 金券の保有を減らすことが第一の目的であり実際の発送量はそれほど多くないため、エントリーモデル程度の物をと思っているのですが価格帯が全く分かりません。 仕様やオプションにより前後すると思いますが、大体の価格帯を教えていただけますでしょうか。 各社のHPを閲覧してみたのですが、このクラスがいいのかなと思っています。 ピツニーボウズK700 http://www.pbjapan.co.jp/products/postal_fee/1k_or_less/k700/index.html よろしくお願い致します。

補足

現在社内郵便物は後納郵便を利用しています。 原則社外宛の郵便物には切手を使用することになっていますので質問させていただいた次第です。 説明不足で申し訳ありません。

楽天オークション22,521閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

数年前に価格を調べたことがあります。その時は新品で月間差出数が1000通までの小型の機種で、安いものでは50万円台から、高いものになると100万円超までと幅が広かったのですが、各社70~80万円程度のラインナップが多かったと記憶しています。 最近の価格が気になって調べてみましたが、ネオポスト社(旧アスコムハスラー)の現行エントリーモデルであるIS-350Sが、615,000円(定価724,500円)にて楽天で販売されていました。 http://item.rakuten.co.jp/e-bungu1/05431/ また、ネオポスト社の製品で、このエントリーモデルよりさらに簡易的に使用できる機種があったと思うのですが(『Smile』とかいう名前)、何故かこの機種はネオポスト社の商品案内には掲載されていなかったので発売中止になったのではと思いきや、ネオポストと全く関係のない商事会社(下記URL参照)で取り扱いがあるようです。(もしかしたら仏ネオポスト本社からの輸入品かもしれません。ちなみに表示されている画像には『ハスラーの製品画像』となっていますが、価格が「40万円~」と、他機種に比べて安いことからも、確かこの機種が『Hasler Smile』だったような気がします。記憶が曖昧でゴメンナサイ。)(いずれの機種も郵便料金計器として認可されていますので問題なく使用できます。) http://www.ipros.jp/product/detail/8012009?hub=59+24036 なので、Smileのような簡易機種も含め、エントリーモデルの価格帯としては40~80万円程度とお考え頂ければよいと思います。 100万円近くするような高級機種との違いは、封筒をセットするだけで、あとは封筒送り(紙送り)から印字まで自動的に行う機能の有無(エントリーモデルのほとんどは手差し)や、操作パネルがカラーLCDのタッチパネル方式になっているなどの付加機能の違いとみていただいて構いません。 なお、中古品でもよければ、オークションなどで数千円から数万円で出品されていますので、こちらも検討されてはいかがでしょうか。(ただ、これは中古・新品に限らず言えることですが、いくら本体価格が安くても、インクなどの消耗品が安定して入手出来なければ意味ありませんので、この辺も考慮する必要があるかと思います。)

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても参考になりました。 やはりかなり値が張るのですね…。 再検討してみます。 ありがとうございました。

お礼日時:2012/3/5 0:37

その他の回答(2件)