ここから本文です

英検とTOEICの違いは何ですか?

devi_chil4869さん

2012/3/220:28:11

英検とTOEICの違いは何ですか?

閲覧数:
23,234
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

amurritesさん

2012/3/221:01:32

英検はアカデミック(学術的)で教育方面であれば有利になれます。1級を持っていると(かなり難しいけど)通訳案内士の1次試験が免除になったりします。都道府県によっては教員採用試験の英語が免除になったりもします。全部で級は7つあります。5級は中1、4級は中2、3級は中卒、準2は高校中級、2級は高卒、準1級は大学中級、1級は大卒レベルです。準1と1に関しては実際はもっとレベルが高いのではないのかとも言われています。とは言え、簡単だという人もいるので賛否両論です。英検の公式サイトでは過去問があります(リスニングも)。5級と4級は筆記だけですが、3級からは2次試験(面接)があります。問題冊子は持ち帰ることができます。

つぎにTOEICについてです。TOEICはビジネス方面で有利となります。就職のときに必要となる場合がとても多いです。世界共通と言う人がいますが、実際は日本と韓国で流行っているだけです。リスニングとリーディングがあり、495点ずつで合計990点満点の試験です。スコア制なので英検みたいに合格・不合格がありません。問題は100問ずつでリスニングの制限時間が45分、リーディングは75分です。
スコアの目安はこちらでhttp://www.eigotown.com/jobs/special/toeic_score/toeic_score.shtml
ただし注意点としては高得点を取ったからって必ずしもペラペラというわけではないです。逆に600でもぺらぺらな人もいたりします。問題冊子は持ち帰れません。ちょっときついのが書き込み禁止だということです。慣れで点数は伸びます。

正式なスコアが必要は公開TOEICを受験しなければなりません。団体制のTOEIC IP もあります。TOEIC IP は受験料が公開TOEICより安いのが特徴です。難易度は若干IPのほうが低いと思います。ちなみにTOIEC IP は公開TOEICの過去問を使っています。公開TOEICも毎回一部を使いまわしているようです。
おそらく問題冊子が持ち帰れない理由がここにあると思います。

通常のTOEICでは話す能力や書く能力が英検と違って測れないので、新しく「TOEIC SW(Speaking Writing)」もあります。認知度はまだ低いです。

通常は英検よりもTOEICのほうが世間では評価されやすいです。
英検の場合は2級から少し評価されます。
ちなみに大手企業ではTOEIC900とかよりも英検1級を評価するそうです。
http://www.eigotown.com/jobs/special/toeic_score/toeic_score.shtml
の人事のホンネに書いてあるので参考にどうぞ。

あとTOEICは有効期限が2年(ないとも言う人がいますが、実際は2年のようなものです。)ですが、英検には有効期限がありません。
長くなりましたが以上です。

質問した人からのコメント

2012/3/6 07:02:14

ありがとうございました!参考になりました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2012/3/220:55:15

英検は自分の取得したい級の検定を受けます。

TOEICはみんな共通の試験を受けて、その点数がそのまま結果になります。

例えば就職活動のとき、英検は何級以上所持など、条件として掲げやすい資格ですが、
外資系の企業では、もっぱらTOEICの得点を基準にすることが多いです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。