ここから本文です

エチレンの酸化について

inf********さん

2012/3/518:29:08

エチレンの酸化について

エチレンを酸化すると

エチレングリコール、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド

になるらしいですが、なぜ3種類もあるのですか?

何か違いがあるのでしょうか?

閲覧数:
6,663
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nov********さん

2012/3/520:02:33

酸化する方法によって酸化される仕組みや程度が変わります。

ホルムアルデヒドは、オゾンO3の酸化力によってC=C二重結合を切断し、2つのカルボニル化合物O=C(-R)2に変える、オゾン酸化という方法で生成します。

アセトアルデヒドは、エチレンに水を付加させてエタノールに変えた上で、クロム酸等で酸化することで合成できます。

実はエチレンオキシドという4つ目の答えがあり、これを酸触媒で加水分解することで、エチレングリコールを合成することができます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%81%E3%83%AC%E3%83%B3%E...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる