ここから本文です

パテックフィリップって

shi********さん

2012/3/719:36:11

パテックフィリップって

言わずと知れた腕時計メーカーですが、なぜここの時計が世界最高峰なんでしょうか?
雑誌の煽りでは無く、実際に素晴らしいステータス性はあると思いますが、、、どなたか詳しい方教えて下さい。

補足coolathy様、有難うございます。
ノーチラス(5712 1A)の未使用品について購入検討中だったもので。
パテックフィリップミュージアムは一度行ってみたいと思ってます。

閲覧数:
4,226
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

air********さん

編集あり2012/3/723:14:58

私は、パテックはアンティークしか持っていませんが、雑誌でもみかけたことのある話かも知れませんが、熱く語っている人がいるので、こちらを。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF%E...

部品の一点一点に手を抜いていないという妥協が無い点は特筆すべきモノがあります。
また、ただ伝統にこりかたまるだけではない、時代に合わせての取り組みも怠らないメーカーですね(その上で伝統にこだわる)。

拘りの機構としては、代表的なのが緩急針の替わりに時間の進捗調整ができるジャイロマックステンプですが、このテンプが登場する以前は、緩急針には、スワンネックと呼ばれるバネが採用されていました(現在でも、最高級とされる腕時計では、他メーカーでは、スワンネックが使われます、パテックは自社で特許を持つジャイロマックステンプへシフトしていますが、一部ではスワンネックが使われている様です)

現在は、独自の品質規格を採用していますが、かつては、ジュネーブ市の定める品質規格であった、ジュネーブスタンプを、最初の生産ロットで生産したムーブメントが合格すれば、無条件にジュネーブスタンプの付与が許されていたことも有名です。

先の、ご回答にもあるとおり、パテックフィリップミュージアムの存在も凄いですね。
単なる一時計メーカーではなく、機械式時計の文化を担っているという自負と責任、自らのブランドの力を理解しているからこその事業です。
また、ミュージアム以外に、過去の作品群に対する、体系的な整理と記録を残しているという点でも特筆できます。
その成果のとして、美術品の作品集(レジュメ)に該当する様な、書籍を編纂・出版もしています(改訂版まで出版されています)。

時計コレクターのアラン・バンベリー氏と、初代ミュージアム館長のマーティン・フーバー氏の共著として知られる、パテックフィリップ本です。
http://www.pp.iij4u.or.jp/~h-saito/perky/watch_book.html

この本には、個人コレクターが所蔵しており、もはや一般人の目には通常では見ることの出来ない作品群(粘り強い交渉で、歴史的事業として、写真を撮影させてもらっているそうです)まで掲載されております。
この本、パテック・フィリップを取り扱っている時計屋では、バイブルであり、必ず店頭にある本です。
これを、自社で出版というところが、パテック・フィリップの凄いところです。
同様なレジュメは他社の時計でもありますが、オークション会社が扱った記録に基づく編纂であったり、著名な個人的コレクターを中心とした編纂であったりして(もちろん時計メーカーは協力は惜しまないでしょうけど)、XXX編纂判と銘打っての出版ですが、時計メーカー自身の事業と(いわば、自社編纂判)してしっかりとやっているのは、パテック・フィリップとブレゲくらいです(これも、自社にしっかりと記録が残っているからこそですね、まあ、大量生産をしていないからとも言えます)

何をするにも、パテック・フィリップは、抜かりの無いメーカーです。

また、先に述べましたが、決して伝統だけにこだわっていないことは、当時のクォーツ時計の研究用プロトタイプの存在や、現在でも、原子時計の制作をしていたりと言う点からも分かります。

実は、パテックのクォーツ研究用の置き時計は、日本にあります。
長野の伊那にある「登内時計記念博物館」に展示されています(目立つ時計ではないので、うっかりすると見落とす)。
http://clock.rubycon.co.jp/
パテック・フィリップに限らず、収蔵品は充実しており楽しめる博物館です。

質問した人からのコメント

2012/3/8 21:12:04

ご回答頂いたお二人様の文面からパテックフィリップ社の素晴らしさがひしひしと伝わってきます。BAをどちらの方にさせて頂くか決めかねますが、同社が伝統のみに拘泥していない姿勢までご教示頂いたair_borne様に決めさせて頂きます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

coo********さん

2012/3/720:24:21

部品の造りが素晴らしいですよね

部品の形成も贅沢なんです
例えばパテックは部品を抑えるバネ関係は全て鋼の材を削り出して作っていますが
ETAなんかの汎用ムーブはワイヤースプリングをひん曲げて形成してます。
アンクルの部品精度がいいから総停止量を決めるドテピンがそもそも存在しないとか
一つ一つの作りを眺めているだけでも安物とは全然手の掛け方が違います。
ムーブメントNoの下4桁が受け類すべてに刻印されているのを見た時には驚きました。

一度ジュネーブのパテックフィリップミュージアムに行くことをお勧めしますよ。
マスターピースのコレクションをみれば桁違いだと気づくはずです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる