ここから本文です

意識心理学とは?

masa10_yamashiroさん

2012/3/810:39:25

意識心理学とは?

心理学を勉強しています。

問題集の中に「意識心理学」という言葉が出てきて、ヴァントやティチナーがその代表と説明してありました。


もう少し詳しく知りたいので、検索しましたが「これがそれだ!」というような、はっきりした説明はでてきません。

そもそもそういうジャンルはあるのでしょうか?

*「深層心理学」とは別物のようです

ご存知の方は解答お願いします

閲覧数:
1,248
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kansisuiさん

編集あり2012/3/823:16:37

意識心理学といった言葉を初めて聞いたので、ヴントとティチナーのことだと思って回答します。

心理学は、その時代あたりから機能主義と古典主義に戻った研究の主に二系統なっていきます。そのなかで衰退していった考え方がヴントとティチナーの要素主義と構成主義です。今でも意識ついては見解がいろいろあります。要素主義と構成主義は、一般人の心の考え方や説明の仕方に近いです。私ならこう思うとかこう感じるです。

意識なんですが、これがもっとも心理学や脳科学でうまく説明できていないものになります。この意識を扱うにあたって、機能主義と古典主義、要素主義と構成主義、ゲシュタルトといった心理学での分け方があります。連合説は機能主義ですが、有機体といった言葉で意識を理論に持ち込んでいます。S-O-R理論のOです。古典主義は意識をできるだけ無視します。刺激-反応のS-R理論です。ゲシュタルトは、人間の全体性といった扱いです。

ヴントとティチナーはライプチヒ大学の師弟関係であり、師匠のヴントは要素主義で、弟子のティチナーが構成主義です。彼ら二人でこの考え方は終わります。内観的なものです。多分このことを意識心理学といっているのだと思います。意識は、いまでも心理学で心身問題としてあります。そんなところだと思います。

説明のしかたとしては、演繹法と帰納法の違いになってます。要素主義や構成主義の帰納法的な説明をする心理学を、意識心理学といって区別したのかもしれません。内観については心理学では当時も今でも否定的な意見が多いです。そのため二人の考え方は衰退することになりました。

追記

どうやら死語のようです。深層心理学の無意識に対して、誰もがいつも感じている意識を研究している人たちを分けるため、一時的に意識心理学といったそうです。

質問した人からのコメント

2012/3/13 16:17:43

成功 よくわかりました。私は大学等で心理学を学んだことがなく、基礎の「き」の字も無い状況で勉強しており、わからないことはどうしてもネット検索に頼ってしまいます。しかし心理学は歴史を学習するときのように検索すれば説明が出ているというのではなく、苦労しています。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

newhalfyumiさん

2012/3/814:53:23

ちょっと調べてみました。
「ヴント」(1832年 - 1920年)の学説
・精神と肉体は別物、並行して存在する
・自分の精神の内面を観察する内観という方法を用いて
意識を観察・分析し、意識の要素と構成法則を明らかに
しようとした(要素主義)

「ティチナー」(1867-1927)
ヴントの元で学位をとり、アメリカで活躍した心理学者。
アメリカ心理学を、構成心理学、機能心理学、発生心理学
(後の、発達心理学)に区分した。
彼の心理学の主題は「意識的経験」にあるとし、
意識を分解して分析した。
ティチナーはアメリカに渡り、ヴントの考え(構成主義心理学)
を広めようとしたが失敗。

・ ヴントの内観法 selbsbeobachtung / self-observation
「意識の自己観察 内観」
実験的に統制された条件下で自分自身の意識経験を
組織的に分析すること。
⇒ヴントはこの種の心理学を「生理学的心理学」と呼んだ。
人間の普遍的な心理を扱うことを目的としたため、
成人の教養ある男性が実験対象であった。
・ ヴント心理学の課題
1.意識過程を分析し、要素に分解すること。
2.要素の結合の様式を明らかにすること。
3.要素の結合の法則を定めること。
⇒連合主義の影響
http://www.oak.dti.ne.jp/~xkana/psycho/intro/intro_50/index.html

フロイト(1856年ー 1939年)は自らが基礎付けた精神分析を、
当時のアカデミックな心理学で支配的であった
”意識心理学”と識別した、と書いてあります。

・・・参考までに

プロフィール画像

カテゴリマスター

tottsan0912さん

編集あり2012/3/813:20:48

明確に「意識」を心理学の対象と考える立場を言います。ヴントの総合(ガンツハイト)心理学、ティチナーの構成心理学(心理的原子論)はその代表です。20世紀初頭に興った行動主義と対比的に論じられることが多いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。