ここから本文です

全日本選手権 水谷選手vs吉村選手 この試合は水谷隼選手が勝っていてもおかし...

tak********さん

2012/3/920:39:05

全日本選手権 水谷選手vs吉村選手

この試合は水谷隼選手が勝っていてもおかしくない試合だったと思います。

水谷選手はいつもと違い緊張して最初の方は全く打ててなかったと思います。それに対して、吉村選手は挑戦者の気持ちで攻撃していたのではないでしょうか?
それで、最初に2セットとられたのが敗因だったと思っています。
次に、最終セットの10-7で水谷選手がマッチポイントを握っていた時の気持ちが知りたいです。
↓の動画の7分34秒のところを見てもらえば分かるように吉村選手の裏をついたツッツキに対して拍手をしています。このときはもう、勝てると確信していたのでしょうか?

長くなりましたが、質問内容は、
「10-7のときの水谷選手の気持ち」が知りたいです。

「そんなの知るか!」とか「水谷選手じゃないから、分かる訳ないじゃん。」とかどうでもいい回答は必要ないです。

親切に回答してくれる人お願いします。


7分34秒
http://www.youtube.com/watch?v=U-kkvGv6z6k&feature=player_embedded#...

閲覧数:
466
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hy_********さん

2012/3/1020:51:19

僕もゲームを先制されたのが水谷選手の敗因だと思います。試合前のインタビューで水谷選手は「今の自分の実力だったら絶対勝てる相手だと思うので、4-0で勝ちたい。」と自信満々に言っていましたが、実際は吉村選手は序盤から積極的に攻めてきて第1ゲームを獲ってしまった。これで少し水谷選手は「あれ、自分のイメージと違うな。」と思ったと思います。サッカーの長谷部選手の「心を整える」にも書いてありますが、水谷選手は「最悪の状況を想定しておく」ことが必要だったと思います。これは、どんな悪いことが起きても大丈夫なような覚悟を決めておくということです。つまり、水谷選手は最悪ゲームを獲られるということをあらかじめ想定しておけば、ゲームを獲られても冷静にできたんじゃないかと思います。
10-7のときもうすでに水谷選手は勝ちを意識してしまったと思います。それで逆に思い切ったプレーができなくなったんでしょう。あと、あれは拍手じゃなくてタイムアウトって意味だと思います。水谷選手は吉村選手にこのまま流れをつかまれないようにタイムアウトをとったのだと思いますが、逆に吉村選手はサービスを変え、冷静にかつ思い切ってプレーしてきました。やはり吉村選手のメンタルの強さです。実力で言えば確実に水谷選手が勝ってるでしょう。しかし、今回の水谷選手は、らしくなかったですよね。

質問した人からのコメント

2012/3/10 20:55:26

降参 あれは、タイムアウトだったのですか、
ありがとうござます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

neu********さん

2012/3/920:58:12

新聞などのインタビューで水谷君が語っていたところによると、マッチポイントを握った途端に、吉村君がそれまで全く使っていなかったサーブを出してきてパニックに陥ってしまったとのことです。

私みたいな大したことのないレベルであっても、マッチポイントになってから大逆転ということはありまして(私の場合は16−20から6点連取で逆転した経験があります)、試合後に相手に話を聞いたらあと1点で勝てると思ったら途端に身体が動かなくなってしまったということでした。逆にこちらはもう負けを覚悟した上で開き直って思いっきりプレーしてたんで、プレッシャーなんか全く無い状況でした。

それと似たようなもんじゃなかったかと想像できます。特に、私なんかと違って、水谷君の場合は日本一を決める大舞台ですから、そのプレッシャーは生半可なものではなかったでしょう。今年優勝すれば連続優勝の新記録になるということは彼も自覚してたはずですしね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる