ここから本文です

会社側から見た中途退職者の所得税の取り扱いについて

sop********さん

2012/3/1611:24:27

会社側から見た中途退職者の所得税の取り扱いについて

初めまして。私は今年の4月から経理と総務の仕事をすることになり、今引き継ぎをしています。経理や総務関係の仕事は全く経験がないので今必死に独学していますが、よくわからないことがあります。

今年の3月末で期間満了で退職する人がいます。私の会社(というか、任意団体)は従業員の数が10人未満なので、所得税納付の特例(1月(7月~12月の後期分)と7月(1月~6月の前期分)の二回納付)を受けています。後期分は年末調整(会計事務所にしてもらっています)で終わっているのですが、その方も含めて従業員の今年の1月分からの所得税をまだ税務署に納めず、こちらで預かっている形になっています。


そこで質問です。その方が退職したら、預かっている所得税(1月~3月分)をどうしたらいいのでしょうか?7月の納付の時にほかの従業員の所得税と一緒に払っても良いものでしょうか?それとも4月にその退職された方の分だけ先に納めに行くのでしょうか?ネットでいろいろ調べたのですが、会社側から見た取り扱いの説明を探せなかったので、どなたか教えて下さい!宜しくお願いします。^_^

閲覧数:
813
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jsb********さん

2012/3/1612:05:06

税法の規定により納期の特例を認められた事業所ですので、中途で退職される方が発生しても、継続勤務の方の所得税と一緒に預かっていただき、7月に納付すれば問題ありません。

納付する所得税については、個人単位ではなく、事業所単位としてお考えください。

質問した人からのコメント

2012/3/17 13:25:31

感謝 分かりやすい説明をして下さり、どうも有り難うございました!!まだまだよく分からないことがありますので、質問の際にはまたご回答頂けるとあり難いです!!本当にどうも有り難うございました!!^_^

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる