コーヒー、紅茶などカフェイン飲料やアルコールなどは利尿作用がありますね。 カフェイン飲料は眠りに就きにくくなりますが、普通に眠れている人、

コーヒー、紅茶などカフェイン飲料やアルコールなどは利尿作用がありますね。 カフェイン飲料は眠りに就きにくくなりますが、普通に眠れている人、 トイレも頻繁でなく人並なひとがいますが、カフェインに馴れているか馴れていないかの問題なんでしょうか?

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

そうですね。 カフェインに強い体質、弱い体質と言うことになります。 コーヒーのカフェインは、多くの人が眠りに付きにくくなりますが、緑茶の場合はそうでない人も多くいます。 緑茶の渋み成分、タンニンはカフェインと結合するので、効果が弱まり、遅行的になります。それでも効いてしまう人は、2分すればですが、弱い部類に入るでしょうね。 逆にコーヒーのカフェインは速効型ですから、朝に飲むのは理にかなっているんですね。。。

その他の回答(1件)

0

トイレも普通ですし、たまに、寝る前にブラックの珈琲飲みます。 僕の場合、気持ちが落ち着くんですよね。