ここから本文です

はじめまして。投稿内容見させて頂きまして、教えて頂きたい事があります。是非解...

hir********さん

2012/3/2522:42:32

はじめまして。投稿内容見させて頂きまして、教えて頂きたい事があります。是非解答お願いします。

『人間は生まれたときから4つのタイプに分けられる。
B2タイプ かかと重心、外側タイプ 池田 ゆうた ジャンボ尾崎 ジャックニクラウス 松井秀喜
人間は自分に合ったタイプを行うことで体が自然にうまく動けるようになるのです。』との事

B2タイプに合うスイング理論を是非教えて下さいませ。

補足有り難うございます。ちょっと不安になっている事がありまして、自分は本当にB2タイプなのかが気になります。簡単にどのように判別したら良いですか???

閲覧数:
5,842
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kob********さん

2012/3/2910:32:33

まず1つだけ注意点ですが、B2だから絶対それをしなければいけないというわけでわありません
それから長ったらしくなりますがご了承ください
プロでも振り方や体の動きをかえても打つ瞬間はどうしても変えられないのです。それは生まれたときからの重心のタイプで違ってくるのです。4スタンス理論は基本的にはスイングがどうとかはあまり意識しなくて、タイプ別に体に一番気持ちいいルティーンを提案しているだけです。人のまねはしなくていいのです。自分が打ちやすいように打てばいいのです。ボールが変な所に行くからフォームを変えるとかいう人がいますが無意味です。自分が打ちやすいように打つ。これが一番体に合っているんです。
話が長くなりましたがそれではB2タイプに合うスイングを書きます。参考にして頂ければ幸いです。
打ちっぱなしに行ってもボールはたくさん打たなくて結構です。ひたすら今から言うルーティーンを行って無意識にできるようになるまで1球、1球大事に打ってください。

まずB2タイプの特徴はクロスなので1軸ではなく2軸で体を捻じると気持ちいいです。1軸スイングは合いません。
野球のバット振る時も松井のような直線的な軌道よりイチローのようなアッパースイングのような軌道になります。
野球でもアッパースイングダメと言っていますがA1タイプとB2タイプはアッパースイングのような振りが最大エネルギーを出せます。アッパースイングに見えて実際はアッパースイングではないのですが。

それからBタイプは払うよりも押し出す方が力が最大限に発揮されます。そして指は親指、人指、中指で物を握るよりも、親指、中指、薬指で握る方が力が出せます。マイクを握る時も人差し指は立っているほうが自然なタイプです。

1.ティーアップしたら右手でクラブをもってボールの後ろで目標を確認。

2.肩を後ろに1~2回まわしてください。(B2タイプの最大のリラックス方法)
(Bタイプは肩を回す、Aタイプは腕ごと回すといいです。イチローは無意識にバットを構えるとき腕をまわしています。体が気持ちいいと教えてくれることをしっかり聞いているのです。すごいことです!)
3.半円より少し大曲(楕円を描くように)左に大きく回り込んで曲線を描くようにでボールの位置まで行きます。
4.目標ラインに対してスクエアーではなくクローズかオープンにかまえます。(クロスタイプはラインに交差するように向いた方が気持ちいいという特性がありスクエアーにこだわる必要がありません。目標と完全に平行に立ってしまうと気持ち悪いのです。
5.かまえた時のクラブの延長線上は股関節です。なので、クラブを少し寝かせる形になります。Aタイプは延長線上はみぞおちです。
6.膝を曲げてから前傾姿勢をとります。(ここ大事です)

ここからスイングです。右軸にかまえ右⇒左と軸を移動させながら振ります。体重移動がもっとも大きいのがB2タイプの特徴です。
7.首の付け根(胸側)を動かさないイメージで、右手が右股関節の前にくるまで股関節を移動させ左足首に圧力をかけ粘って から始動します。
8.左肩を押し込んで体をねじりながら右へ大きく体重移動しバックススイングをします。
左肩が右腰に近づくようにバックスイングしていくといいです。

9.切り返しで重心は左へ移ります。
両肘を大きく自由に使い、左足をピンと伸ばしたり、右足を絞ろうとせず、両足とも大きく動かしてください。
手首のコックもスナップのように横に使ってください。
10.右肩と左腰の間を縮めるようにしてダウンスイング。このとき首の付け根(胸側)を安定させて振ると良いでしょう。
B2タイプの典型的な特徴はダウンスイングのガニ股になります。両膝の間隔を広げる動きが重要です。
フィルミケルソンや、池田勇太を参考にしてみてください。

インパクトを迎えたらそのままクラブを右腕で押し込んでいくイメージで打ちます。インパクトの時右手の中指と薬指に力を入れて打ってください(ここ大事)

フィニッシュは頭が後ろに残った逆C字になります。

スイングリズムで間を最も必要とするのがB2タイプです。イーチでクラブをあげ、ニィーノーとゆったりしたリズムで間をとって サーンで振りぬきます。リズムがゆったりとなるため当然球を打つスピードやプレーのテンポも自然にゆっくりになります。

ちなみにB2のトップの位置はタイプの中で一番遅くインパクト直前,クラブヘッドが股関節の高さを過ぎたあたりがトップの位置なので、
ハーフスイングで股関節の高さにヘッドが来たら強く打つイメージで練習するといいと思います。

Bタイプは深くクラブを握るので、グリップは厚めの方が安定します。とくにパターも厚くした方が安定します。
細いグリップだと体が握りづらいと言うはずです。

参考にしてもらえれば幸いです。

質問した人からのコメント

2012/3/29 14:08:23

成功 練習してみます!!!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sli********さん

2012/3/2912:50:56

本屋に行って、「あうんのゴルフ」を買って読んだほうが早いと思いますよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる