ここから本文です

心は心臓あたりにあるんじゃなくて、脳みそにあるものなんじゃないんですか?

みずのfamさん

2012/3/2913:20:30

心は心臓あたりにあるんじゃなくて、脳みそにあるものなんじゃないんですか?

閲覧数:
318
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oza********さん

2012/3/2915:06:39

いや、心臓だよ

心臓には医者も絶対に触れてはいけない場所があって

そこに触れると、必ず絶命してしまうんだ。


そして心臓は、お母さんのおなかの中で

脳みそができる前から、心臓は動いてるんだぜ

これすごいと思わないか?

脳みそが心臓を動かしてるんじゃないんだ

心臓は心臓で、別個の存在なんだ。脳みそと関係ないんだ

心臓=ハート=愛情 これは真実だ。

質問した人からのコメント

2012/3/29 21:16:59

感謝 素敵なお話ありがとうございました!
他に回答してくださった皆様も、ありがとうございました^^

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2012/3/2915:20:12

人を好きになったり、傷ついたり、衝撃的なことが起こると、胸のあたりに本当に痛みを感じたことはありませんか?

昔、人は、心が動かされると知覚的に痛みをともなう箇所が心の在る箇所としたのではないでしょうか。

心、精神、魂は、どこにあるかはわかりません。
でも、それらを思考ではなくて、知覚的に意識できるのは、実際に胸のあたりに痛みが起こるからでしょう。
これは、全世界共通の認識で、心がふさぐ出来事にや恋で痛む箇所は脳ではなくて胸が定説です。
ハートの形は心のシンボルとして、脳ではなく、胸が定位置です。
誰でも理解できる現象です。

それから、人の知覚には、身体的な感じ方と心とが繋がって、統合されて認識されているものがあるということでしょう。
例えば、心を見るといいますが、実際には見えません。
霊やおバケの存在が目に見えるとか、感じるとかいう知覚がなければ、にわかに存在するとは信じることができないのと同じじゃないでしょうか。

体の一部分が無くなっても、自分の知覚としては、まだあるように感じることも多々起こるそうです。

つまり、目に見えないものをあると感じるとか、どこにあるとするかは、学問や先入観によるものと、その人の知覚にもよるのではないでしょうか。
脳に心があるとしても、傷ついたときなど、心が感じたときですね、そういうときに、それを知覚として感じられなければ、脳が痛まなければ脳イコール心とはならないものかも。


もしかしたら、脳は司令塔の役目であって、簡単には心の在りかはわからないほうが面白い気もしてきますが・・・・

mak********さん

2012/3/2913:41:28

心とは、言い換えるなら魂。
つまり肉体ではなく霊体のほうにあると思います。

yuk********さん

2012/3/2913:21:32

私はお腹にあると思います
腹がたつ、腹黒い・・・とか

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる